NPO法人キャンサーネットジャパン > がん情報 > すい臓がん > すい臓がんの痛み、黄疸、栄養障害改善

すい臓がんの痛み、黄疸、栄養障害改善

Q.痛みや黄疸、栄養障害を改善する方法はありますか

A.黄疸が出ているときには胆道ドレナージやステント留置術で胆汁の流れをスムーズにします。また、がんで十二指腸が塞がり、食事がとれなくなっているときにもステントを使って食物の通過障害を改善します。


 がんによる痛みや黄疸、食欲不振といった症状を改善、軽減する治療も重要です。
 すい臓がんでは、診断時に痛みがある人も少なくありません。痛みがあるときには、手術前や薬物療法中であっても、解熱鎮痛薬や医療用麻薬のオピオイド鎮痛薬を服用して軽減します。腹部が重苦しいという症状にも、医療用麻薬が有効な場合があります。精神面のケアを含めた痛みのコントロールを早期から行ったほうが治療成績がよいという報告もあります。
 また、がんによって胆管が塞がり胆汁が滞ることで眼球や皮膚が黄色くなる黄疸が起こっているときには、減黄療法を行います。減黄療法は、手術や薬物療法などの、がんの治療を進めるうえで重要ですし、患者さんの生活の質(QOL)の改善にもつながります。
 減黄療法には、口から十二指腸まで内視鏡を挿入して行う内視鏡的胆道ドレナージ(ENBD、ERBD)と、体の外から皮膚、肝臓に針を刺して胆管を広げる経皮経肝胆管ドレナージ(PTBD)があります。手術以外の治療を受ける人に対しては、多くの場合、内視鏡を使って金属ステントを胆管に埋め込むステント留置術を行います。
 すい臓がんによって十二指腸や胃が閉塞して食事がとれなくなっているときには、内視鏡を使って胃や十二指腸へ金属ステントを挿入し、狭くなっている部分を広げる場合もあります(消化管ステント留置術)。手術時、十二指腸の閉塞が予測される場合には、胃と空腸をつなげて食物が通過するようにするバイパス手術(療法)を行うこともあります。
 すい臓が機能せず、消化不良(下痢)や高血糖になる場合、必要に応じて膵消化酵素やインスリンの投与を受けることは体力を維持し、抗がん剤の副作用をやわらげ、治療効果を上げるためにも大切です。

代替医療・民間療法の有効性は?

 すい臓がん患者さんのなかには、標準治療の手術や薬物療法を受けずに、代替医療や民間療法と呼ばれる治療を選ぶ人がいます。しかし、すい臓がんに関して科学的に有効性が証明されたものはありません。新たな治療法として期待が高いペプチドワクチンなどの免疫療法に関しても、今のところ、すい臓がんに対する有効性は証明されておらず、標準治療が行える病院で臨床試験として受けるべき治療法です。代替医療や民間療法を受けているうちに体調が悪くなり標準治療が受けられなくなる人もいます。健康食品についても抗がん剤との併用が有害なものもありますので、使う前に担当医に相談しましょう。

参考資料

もっと知ってほしいすい臓がんのこと 2020年版,pp.17

公開日:2022年1月21日 最終更新日:2022年1月21日

BOOKLETすい臓がんの痛み、黄疸、栄養障害改善に関する冊子