NPO法人キャンサーネットジャパン > がん情報 > 大腸がん > 大腸がんの薬物療法

大腸がんの薬物療法

Q.薬物療法について教えてください

A.薬物療法とは、抗がん剤や分子標的薬などを使ってがん細胞の増殖を抑えたり死滅させたりする治療法です。
大きく分けて、手術後の再発予防のために行う術後補助化学療法と、転移・再発を起こした大腸がんに対する薬物療法の2つがあります。最近では外来通院での治療が多くなっています。


●再発予防のための術後補助化学療法

手術でがんをすべて切除したと判断されても、身体の中に目に見えないレベルでがん細胞が残っていて、再発を起こす可能性があります。そこで、残っているかもしれないがん細胞を攻撃し再発をできるかぎり抑えることを目的に「術後補助化学療法」を行う場合があります(図表10)。ステージⅢ、およびステージⅡのうち再発する危険性が高いと思われる患者さんが対象となります。一般的には、術後1~2か月を目安に開始し、原則6か月、通常は2~3週おきの外来通院で治療します。術後補助化学療法に使用する抗がん剤にはいろいろな種類があり、それぞれ特徴があります。ご自身のライフスタイルに合った治療法を担当医とよく相談してください。

大腸がんの術後補助化学療法

●転移・再発を起こした大腸がんの薬物療法

 転移・再発を起こした大腸がんに対しては、手術でがんをすべて取り切ることができれば積極的に手術を行います。しかし、がんをすべて取り切ることが難しい場合や、がんがもう少し小さくなれば手術が可能になると期待される場合には、薬物療法が行われます(図表11)。

転移・再発を起こした大腸がんの治療方針

基本となる薬剤は5-FU+ロイコボリン(LV)、イリノテカン、オキサリプラチンの3種類の抗がん剤と、抗EGFR(上皮細胞増殖因子受容体)抗体薬のセツキシマブ、パニツムマブ、抗VEGF(血管内皮増殖因子)抗体薬のベバシズマブの3つの分子標的薬です(図表12)。5-FU+LVの代わりに5-FU系の経口剤(飲み薬)を使用することもあります。

大腸がんの薬物療法に使用される主な薬剤

 5-FU+LV+オキサリプラチン(FOLFOX)または5-FU+LV+イリノテカン(FOLFIRI)の3剤併用療法に、いずれか1つの分子標的薬を加えた治療法が、最初に行われる治療法として一般的です(図表13、15)。セツキシマブ、パニツムマブは、RラスAS遺伝子に変異がない場合(野生型)にのみ使用します。薬物療法を始める前にRAS遺伝子検査で変異の有無を確認します(コラム「RAS(ラス)遺伝子検査とは?」)。効果や副作用をみながら、組み合わせを変えたりして治療を切り替えていきます(図表14、15)。大腸がんの薬物療法はこの10年余りで飛躍的に進歩しています。がんを小さくして手術で取れるようになる場合もあります。また、完全に治すことができない場合でも、がんが大きくなるスピードを抑えて、患者さんが元気に生活できる期間も長くなってきています。

転移・再発を起こした大腸がんの薬物療法の主なレジメン
転移・再発を起こした大腸がんの薬物療法の流れ
転移・再発を起こした大腸がんの薬物療法の治療方針の例
臨床試験とは?

 新薬や治療法を開発する過程において人間(患者)を対象に有効性と安全性を科学的に調べるのが「臨床試験」です。臨床試験には第1相:安全性の確認、第2相:有効性・安全性の確認、第3相:標準治療との比較による有効性・安全性の総合評価の3段階があります。現在、標準治療として確立されている薬剤や治療法もかつて臨床試験が行われ、有効性や安全性が認められたものです。臨床試験への参加は未来の患者さんに貢献することにもつながっています。

RAS(ラス)遺伝子検査とは?

 がん細胞が増えるメカニズムの1つとして、細胞の表面にある上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)の関与が知られています。このEGFRに 上皮細胞増殖因子(EGF)が結合すると、EGFRが活性化し、細胞に対して「増えろ」という命令を出します。細胞内でこの命令を伝達する働きをするたんぱく質の1つがRAS(KRAS、NRAS)です。
 セツキシマブやパニツムマブはEGFRに結合し、EGFRの活性化を抑えて、がん細胞の増殖を抑える働きをもつ「抗EGFR抗体薬」という薬です(下図上)。ただし、RASの遺伝子に変異(異常)があると、がん細胞には「増えろ」という命令が常に出ている状態となり、EGFRの活性化を抑えても、どんどん増殖し続けてしまいます。つまり、RAS遺伝子に変異がある大腸がんでは、抗EGFR抗体薬の効果が期待できません(下図下)。
 そのため、転移・再発を起こした大腸がんの治療を開始する前に、RAS遺伝子検査を行って変異がないかどうかを確認し、抗EGFR抗体薬の効果が期待できるかどうかを予測します。約50%の大腸がん患者さんのがん細胞で、RAS遺伝子に変異があることがわかっています。
 RAS遺伝子検査は、手術や内視鏡検査で採取したがん組織を使って行います。患者さん1人につき1回、健康保険が使え、費用は7500円(3割負担の場合)です。

●RAS遺伝子に変異がない場合(野生型)

 抗EGFR抗体薬がEGFRと結合すると、細胞は増殖せず、アポトーシス(細胞死)する。

RAS遺伝子に変異がない場合(野生型)

RAS遺伝子に変異がある場合(変異型)

 RAS遺伝子に変異があるため、抗EGFR抗体薬でEGFRをブロックしても細胞の増殖は止まらない。

RAS遺伝子に変異がある場合(変異型)

参考資料

もっと知ってほしい大腸がんのこと 2021年版,pp.14-18

公開日:2022年1月21日 最終更新日:2022年1月21日

BOOKLET大腸がんの薬物療法に関する冊子