NPO法人キャンサーネットジャパン > イベント情報 > 【オンライン市民公開講座】コロナ禍でも乳がん検診 一人ひとりが小さな一歩を…!

【オンライン市民公開講座】コロナ禍でも乳がん検診 一人ひとりが小さな一歩を…!

どうしてる? どうする? どうしよう?!
コロナ禍でも乳がん検診

長引くコロナ禍で、がん検診や精密検査の受診を避けていることが問題視されています。10月のピンクリボン月間を迎え、改めて乳がん検診を受診する必要性をお伝えするとともに、痛みに対しての不安も多いマンモグラフィ検査の流れを体感し、不安を払拭いただける場を設けました。おひとりおひとりの小さな一歩に結びつくよう、一緒に考えていきませんか?

広く、皆様のご参加をお待ちしております。

登壇者 角田 博子 先生

登壇者 小山 智美 先生

【プログラム】

14:00-14:40  乳がん検診受診の必要性
聖路加国際病院 放射線科医長・乳房画像診断室 室長 角田博子先生
14:40-15:10  実際のマンモグラフィ検査の流れ
聖路加国際病院 放射線科 小山智美先生
CNJ認定乳がん体験者コーディネーター15期生
15:10-15:30  参加者交流会(ご希望者のみ)

【対象者】
一般の方、がん経験者さんとそのサポーター、検診の啓発・啓蒙活動に関わっている方、行政、学生、教師、メディア、医療者など。がん検診について見識を深めたい方に向けた、広く「啓発」を目的とした公開セミナーです。

※事前にいただいたご質問をプログラムの中で取り上げさせていただきます。時間の関係上全てのご質問にお応えすることができかねますこと、ご了承ください。個人的な体験や治療に関するご質問はお控えくださいますようお願いいたします。(事前質問の締切 9/30)当日のご質問は承っておりませんのでご注意ください。

【お申込み〆切】
2021年10日24日 昼12:00迄

【当日ご参加について】
■スマートフォン以外の携帯電話(フィーチャーフォン)は対応しておりません。
■画面のスクリーンショット撮影、録画・録音は、禁止とさせていただきます。
■途中入退室も可能です。
■入室時の各自の設定は「画面オフ」「音声オフ」になっています。講演中は設定は変更せず、そのままご参加ください。
■15:10からの交流会には、「画面オン」「音声オン」にしてご参加ください。
■各自のZoom設定の名前が画面に表示されます。本名を登録しているけれども仮名で参加したい場合などは、事前もしくは参加後すみやかに、ご自身で名前変更をしてください。

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください