NPO法人キャンサーネットジャパン > イベント情報 > 【オンライン 医療従事者向け】 グリーフケア プレ講座 ~今、死別を経験する人たちに、医療者ができること~

【オンライン 医療従事者向け】 グリーフケア プレ講座 ~今、死別を経験する人たちに、医療者ができること~

医療の現場には必ず、多くの喪失や死があります。でも、なかなか立ち止まってそのことについて学ぶ機会はないのではないでしょうか。今、コロナ下で、思うようなお別れができない患者さんとご家族を前にして、もどかしい想いを抱いている医療者の方の声も聞こえてきています。医療者自身が「喪失」「死」とどのように向き合い、患者さん、ご家族に何ができるのかをグリーフケアの視点から一緒に学んでみませんか。

【プログラム】

総合司会 中井 美穂
(フリーアナウンサー/NPO法人キャンサーネットジャパン 理事)
19:00 – 19:15 挨拶、チェックイン
岩瀬 哲
(NPO法人キャンサーネットジャパン 理事長/埼玉医科大学病院 緩和医療科 教授)
尾角 光美
(一般社団法人リヴオン 代表理事)
19:15 – 19:50 講義1
「グリーフの基礎を学ぶ」

尾角 光美
(一般社団法人リヴオン 代表理事)
19:50 – 20:00 休憩
20:00 – 20:25 医師よりメッセージ
「私が医療者にグリーフを考えてほしい訳」

岩瀬 哲
(NPO法人キャンサーネットジャパン 理事長/埼玉医科大学病院 緩和医療科 教授)
20:25 – 20:50 講義2
「医療従事者ができるグリーフサポート」

尾角 光美
(一般社団法人リヴオン 代表理事)
20:50 – 21:20 ディスカッション、質疑応答
グループでの対話と質疑応答
岩瀬 哲
(NPO法人キャンサーネットジャパン 理事長/埼玉医科大学病院 緩和医療科 教授)
尾角 光美
(一般社団法人リヴオン 代表理事)
21:20 – 21:30 チェックアウト
尾角 光美
(一般社団法人リヴオン 代表理事)

【登壇者プロフィール】

【司会】中井 美穂(なかい みほ)

(アナウンサー/NPO法人キャンサーネットジャパン理事)

元フジテレビアナウンサー。「プロ野球ニュース」など多くの番組に出演。フジテレビ退社後、97 年から「世界陸上」のメインキャスターを務める他、映画・演劇関連の司会など幅広く活躍。 2019年NPO 法人キャンサーネットジャパン理事に就任。グリーフケア関連含め市民公開講座の司会などの活動をしている。

岩瀬 哲(いわせ さとる)

(NPO法人キャンサーネットジャパン 理事長/埼玉医科大学病院 緩和医療科 教授)

1994年埼玉医科大学卒業。埼玉医大総合医療センター第一外科、東大病院緩和ケア診療部、東大医科研病院緩和医療科を経て、2017年10月より現職。緩和医療学、地域医療学が専門。元ボクサー。座右の書は「葉隠聞書」。 JAZZはダラー・ブラントの「アフリカン・ピアノ」。リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」に影響を受け「進化医学」も標榜している。2018年4月より埼玉医大病院救急科兼担教授となり、2025年問題に取り組んでいる。

尾角 光美(おかく てるみ)

(一般社団法人リヴオン 代表理事)

19歳で母を自殺により亡くし、2006年から全国の自治体、寺院、学校などで講演に呼ばれ、2009年リヴオンを立ち上げる。母の日プロジェクト、遺児支援、僧侶や医療者の研修や教育、小学校から大学までの「いのちの授業」など、活動を広げてきた。「グリーフケア・サポートが当たり前にある社会の実現」を目指し、活動している。近著に『なくしたものとつながる生き方』(サンマーク出版)。平成28年度 厚労科研「小児死亡事例に関する登録・検証システムの確立に向けた実現可能性の検証に関する研究」のグリーフケアについて担当。国際比較社会政策学修士。英国バース大学大学院社会政策学博士課程に在籍し、ヤングアダルト期の死別の社会経済的影響を研究中。

※お申し込みの前に、オンラインイベントポリシーを必ずお読みください