NPO法人キャンサーネットジャパン > イベント情報 > 【オンライン】AYA week 2022イベント:病気になったAYA世代の恋愛・結婚どうする?

【オンライン】AYA week 2022イベント:病気になったAYA世代の恋愛・結婚どうする?

AYA世代のがん患者の性(セクシュアリティ)を含む恋愛・結婚の問題について、体験談を交えて ディスカッションします。 ウェビナーの投票機能や Q&A を活用した、参加型のセッションを企画しています。 自身のがんやがんに伴う 恋愛・結婚について考えるきっかけにしましょう。

CNJは「知ろう、一緒に。AYA week 2022」を応援しています。
AYA week 2022 期間に合わせて、本イベントを実施致します。

 

 18:00~18:20  アプリ登録をしてみよう!
 18:20~19:20  パネルディスカッション
 19:20~19:30  休憩(質問を受けつけます)
 19:30~20:00  Q&Aセッション (事前にいただいた質問の他、当日も受け付けます)

アプリを登録してみよう! 18:00-18:20(20min)

NPO法人キャンサーネットジャパン
キャンサーネットジャパンのアプリを登録して活用しましょう。また、簡単なアンケートを実施して、どんな方が参加されているのか、どのような思いでいるのかを共有しましょう。

パネルディスカッション 18:20-19:20(60min)

がん患者だって恋愛は大事だもん!

AYA世代にとって、恋愛のこと、性のこと、将来の結婚・出産どれも大切な事なのに。がんになったら遠い話しにしてしまっているのはなぜでしょう。ファシリテーターの渡邊知映さんを中心に、AYA 世代のがん経験者 4 名がざっくばらんに病気と恋愛について話します。

【ファシリテーター】

渡邊 知映 (昭和大学保健医療学部 教授 )

東京大学大学院医学系研究科博士後期課程修了(保健学博士)日本赤十字社医療センター、がん研有明病院化学療法科、昭和大学病院ブレストセンターで看護職として従事。上智大学看護学科准教授を経て2020年4月より現職。日本がん・生殖医療学会理事、AYAがんの医療と支援のあり方研究会理事。若年乳がん患者コミュニティStyles世話人。専門はがん看護学

休憩 19:20-19:30(10min)

Q&Aセッション 19:30-20:00(30min)

パネルディスカッションに登壇したAYA世代のがんサバイバーが参加者からの質問に答えます。事前の質問や当日zoomからの質問を受け付けます。
zoomウェビナーは参加者の顔が表示されることもなく、匿名で質問が可能です。

 


本事業は日本対がん協会の協力による休眠預金活用事業です

※お申し込みの前に、オンラインイベントポリシーを必ずお読みください