NPO法人キャンサーネットジャパン > イベント情報 > (満席になりました)聖路加国際病院 夏休み公開講座 もっと知ってほしい小児がんのこと~レモネードスタンド体験~(子ども向けイベント)

(満席になりました)聖路加国際病院 夏休み公開講座 もっと知ってほしい小児がんのこと~レモネードスタンド体験~(子ども向けイベント)

定員に達したため予約受付を終了いたしました!たくさんのお申し込みありがとうございました!

※このイベントの対象は、小学生・中学生・高校生です!

“小児がん”ってどんな病気?
小児がん支援のレモネードスタンドを体験しよう!

小児がんとは、1つの病気ではなく、15歳までにかかる“がん” のことです。日本では毎年約2,000~2,500人の子どもが”小児がん” と診断されています。同世代の子どもたちの病気を知り、自分たちもできることを一緒に考えましょう!その支援のひとつに、レモネードスタンドがあります。最近では、英語の授業の教材でも使われていて、日本でも多くの中・高校生が開催してくれています!

◆オススメポイント!
1)参加証明証を発行!
2)夏休みの課題。研究にぴったり!
3)医師・看護師・薬剤師など医療の仕事を目指している人には貴重な機会です!

夏休み公開講座 もっと知ってほしい小児がんのこと~小児がん支援のレモネードスタンド~【プログラム】

11:00-11:05 開会挨拶
糸魚川 順先生(学校法人聖路加国際大学 理事長)

11:05-11:35 授業 “小児がん” ってどんな病気?
真部 淳先生(聖路加国際病院 小児科 医長)

11:35-11:45 体験談
僕・私の“小児がん”

11:45-12:00 休憩
(手をきれいに洗いましょう)

12:00-12:50 レモネード体験
小児がん支援のレモネードスタンドを開催してみよう!
レモネードの作り方・スタンドの開催方法

12:55-13:00 閉会挨拶
真部 淳先生(聖路加国際病院 小児科 医長)

※小児がんを正しく理解し、がんなっても暮らしやすい社会を一緒につくりましょう!皆さんのご参加をお待ちしています。

※2017年の開催レポートは、こちら

※注意!※
2017年と会場が異なります!
東京メトロ「築地駅」3番出口から徒歩数分。1Fにタリーズコーヒーが入った建物の2Fです。