ブルーリボンキャラバン2012 in 新潟 「もっと知ってほしい大腸がんのこと」

大腸がんの予防・検診、また外科的治療・薬物療法について広く一般の皆様に知って頂くことを目的としています。

日本では推計で男性の約6万人、女性の約4万人、毎年約10万人もの人が大腸がんと診断されています。全てのがん患者の約15%と、胃がんに続き、2番目に患者数が多いがんと言われています。大腸がんは、運動や食生活による予防効果や、便潜血検査といった検診による早期発見で死亡率を減らすことができるがんといわれています。また、大腸がんの治療の進歩は目覚ましく、着実に生存期間は延長しています。2012年も、2011年に引き続き全国6箇所において、大腸がんの予防・検診、また外科的治療・薬物療法について広く一般の皆様に知って頂くための市民公開講座「ブルーリボンキャラバン」を展開します。

 

(内容)
*2012年の大腸がん啓発キャラバン「ブルーリボンキャラバン」では、NHK『龍馬伝』の紀行に楽曲提供した、クラシックギターデュオ「いちむじん」にキャラバンオリジナル曲をご提供いただきました。セミナーの基調講演後、いちむじんによる生演奏をご用意しています。

総合司会 フリーアナウンサー 中井美穂氏
13:00-13:05 開会挨拶 NPO法人キャンサーネットジャパン 事務局長 柳澤昭浩
13:00-13:20 挨拶 東京医科歯科大学大学院 腫瘍外科 大腸癌研究会 会長 杉原健一先生
13:20-13:45 特別講演 すべての大腸がんサバイバーに捧ぐ:走る(生きる)意味  プロランニングコーチ 金哲彦氏
13:45-14:15 基調講演(1) 大腸がんとは?予防・検診の実際 東京医科歯科大学大学院 腫瘍外科 石黒めぐみ先生
14:15-14:45 基調講演(2) 大腸がんの外科的治療と補助療法 新潟県立がんセンター新潟病院 外科 瀧井康公先生
14:45-15:15 基調講演(3) 大腸がんの薬物療法(抗がん剤・分子標的治療) 新潟大学大学院医学部総合医学教育センター 腫瘍学分野 西條康夫先生
15:15-15:30 休憩(15分)
15:30-16:00 クラシックデュオ「いちむじん」コンサート
16:05-16:55 Q&A パネルディスカッション もっと知ってほしい「大腸がん」のこと
司会:中井美穂氏
パネル:杉原健一先生・石黒めぐみ先生・瀧井康公先生・西條康夫先生・金哲彦氏
16:55-17:00 閉会挨拶 NPO法人キャンサーネットジャパン 事務局長 柳澤昭浩

公開日:2012年5月26日 最終更新日:2012年6月11日