【医療従事者向け】第53回日本肝癌研究会
「メディカルスタッフが知っておくべき肝がん治療と副作用マネジメント」

開催日 2017年7月7日(金)
時間

18:00-19:30

場所

京王プラザホテル 南館4F 「錦」

参加費

無料

申込み方法

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

その他の追記・注意事項

メディカルスタッフ限定セミナーです

主催 第53回日本肝癌研究会
共催

バイエル薬品株式会社

協力 ナースプレス・ナース専科(株式会社エス・エム・エス)
案内チラシ >> 案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)

第53回日本肝癌研究会(会期2日目) メディカルスタッフセミナー
「メディカルスタッフが知っておくべき肝がん治療と副作用マネジメント」

【プログラム】(敬称略)
総合座長
國土 典宏(東京大学肝胆膵外科・人工臓器移植外科/国立国際医療センター 第53回日本肝癌研究会会長)

特別講演 18:00-18:20 (20分)
「肝がん治療のアップデート」
長谷川 潔 (東京大学肝胆膵外科・人工臓器移植外科)

~副作用マネジメントのアップデート~
基調講演① 18:20-18:40 (20分)
「分子標的薬に起因する皮膚障害のマネジメント
~手足症候群(HFS)を中心に~」
清原 祥夫 (静岡県立静岡がんセンター 皮膚科)

基調講演② 18:40-18:55 (15分)
「副作用マネジメントに薬剤師ができること」
篠原 旭 (国立がん研究センター東病院 がん専門薬剤師)

基調講演③ 18:55–19:10 (15分)
「副作用マネジメントに看護師ができること」
山岸 惠(国立がん研究センター東病院 がん性疼痛看護認定看護師)

~サバイバーの声から~

基調講演④ 19:10-19:20 (10分)
大岩 恒晃(肝がんサバイバー)

質疑応答 19:20–19:30

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

お申込はこちらからどうぞ
最終更新日:2017年6月6日