看護師向けセミナー 「もっと知ってほしい がんの薬物療法とその副作用マネジメント ~近年の分子標的薬剤がわかる~」

開催日 2014年12月13日(土)
時間

13:00-16:30

場所

株式会社エス・エム・エス本社 18階 セミナールーム

東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー

参加費

5,000円(税込)

申込み方法

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

その他の追記・注意事項

本セミナーは、看護師向けプログラムです。

ナース専科該当サイトも是非ご確認ください。

お申し込みは、「ナース専科」サイトからとなります。上記から外部リンクが開きます。

主催 NPO法人キャンサーネットジャパン☓ナース専科

☆「ナース専科」タイアップセミナーに寄せるCNJの3つの想い☆
① 自分らしく、がんと向き合える社会へ
CNJは、「がん患者さんが正しい情報を得たうえで、自分らしくがんと向き合える社会」の実現を目指しています。

② 一番身近にいる存在だからこそ、伝えたい
ナースは、患者さんを「人」としてトータルに看ることができる職種です。患者さんに一番近い立場で、患者さんのためになる情報を提供できる存在として、ナースの皆さんに知っておいてほしい情報があります。

③ スキルアップだけでなく、“心に響く”セミナーを
日々、がん患者さんと向き合い、「ナースとして何ができるのか」と自問自答されている皆さんに、解決のきっかけを提供します。スキルアップだけでなく、サバイバーの方の思いに触れることで、“心に響く”セミナーになることを約束します。

========================================

がん細胞の持つ特異的な性質を分子レベルでとらえ、効率よく作用するようにつくられた「分子標的薬」は、
副作用をより少なく抑えながら治療効果を高める薬として期待されています。

しかし一方で、従来の抗がん剤とは違った作用機序により、
皮膚障害や下痢など特徴的な副作用が出現することがあるため、
副作用マネジメントについてナースが十分に理解し、患者さんに情報提供することが重要です。

がん治療の副作用マネジメントおいて、ナースが知っておくべきことを学びましょう。

========================================

■13:00-13:05 <開会挨拶・開催の主旨>

梅田 里衣(NPO法人キャンサーネットジャパン )

■13:05-14:05近年の分子標的薬の進歩と特徴的な副作用>

室 圭 先生(愛知県がんセンター中央病院 薬物療法部 部長)

・分子標的薬とは

・近年登場した分子標的薬

・分子標的薬の副作用対策

■14:15-14:55<副作用マネジメントのために、看護師にできること>

春藤 紫乃 先生(がん・感染症センター都立駒込病院 がん化学療法看護認定看護師)

・分子標的薬の副作用のアセスメント

・副作用のケア

・患者さんへの効果的な情報提供のために

15:05-15:25<私の大腸がん体験 -化学療法とオストメイトライフを中心に->

山本 悦秀 先生(金沢大学 名誉教授・城南歯科医院 理事長)

・がんとともに生きる

■15:35-16:20<Q&Aセッション がん治療の副作用マネジメント ~皆さんの疑問にお答えします~>

講師:室 圭先生/春藤 紫乃先生/山本 悦秀先生

司会:梅田 里衣(NPO法人キャンサーネットジャパン)

 

 

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

お申込はこちらからどうぞ
最終更新日:2014年10月14日