ブルーリボンキャンペーン > アンバサダーへのメッセージ

アンバサダーへのメッセージ

アンバサダーサミット2018開催しました!


 2018年10月19日(金)、今年もアンバサダー同士の情報共有と連携をはかり、大腸がんの啓発活動を推進することを目的として、第56回日本癌治療学会学術集会の会期中、開催地の横浜にてアンバサダーサミット2018を開催いたしました。

お忙しい中、21名の方にご参加いただきました。
司会進行は、高知大学 小林道也先生にしていただきました。さまざまな啓発活動に取り組まれている小林先生からは感想やご意見も交えながら素晴らしい司会をいただきました。
7月に、初めての福井県開催をしてくださった福井済生会病院の宗本義則先生から開催レポートをいただきました。ゲストに、大腸がん体験者である鳥越俊太郎さん、司会に中井美穂さんにお越しいただき、猛暑の中ですが430名の方にご来場いただき大盛況にて終了いたしました。また、開催直後の岐阜開催のレポートを、岐阜大学 高橋孝夫先生からいただきました。610名の参加には、サミット参加者の皆さんも大変驚かれていました。
後半のラウンドテーブルディスカッションでは、今後のブルーリボンキャンペーン活動について意見交換をいたしました。お忙しい中、皆さんのご参加ありがとうございました。引き続き、大腸がんの正しい情報発信をたくさんの方を巻き込みながら一緒に進めて行きましょう!

 

2014年12月16日に放送された今年最後のWEBカンファレンスのテーマは【20­14年の大腸がん治療の振り返り・2015年の動向】です。

ブルーリボンキャンペーンの顧問アドバイザーの杉原健一先生と、アンバサダーボードメ­ンバーの室圭先生に、2014年の1年間を振り返っていただき、大腸がん治療ガイドラ­インの改定、主要学会のトピックスや、新薬登場などをお送りしました。

 

2014年9月16日に放送された第2回ブルーリボンキャンペーンWEBカンファレンスのテーマは、【患者さん・家族に求められている情報提供とは?~その内容とタイミングを考える~】です。

アンバサダーボードメンバーで、プロランニングコーチの金哲彦さんの体験談を通して、情報提供と、その内容とタイミングについてお送りしました。

 

2014年6月24日に放送した第1回WEBカンファレンスは、「ASCOニュースをどう見る?」と題し、終了したばかりのASCOの大腸が­ん関連トピックス「FIRE-3」「CALGB」「WJOG」の3つを取り上げました。

佐藤太郎先生からのメッセージ「ASCO2014より化学療法の話題、特に、日本で行われた第III相試験であるWJOG4407G試験、昨年発表され、反響を呼んだFIRE-3試験の追加解析、CALGB・SWOG80405試験の結果をとりあげ、解説しております。今後の診療に是非お役立てください。

ボードメンバーからのメッセージ

応援してくださる皆さまからのメッセージ

プロフェッショナルランニングコ­ーチ金哲彦さん(大腸がん体験者)のインタビュー映像です。

 

ブルーリボンキャンペーンのテーマ曲である「みちのり」を作曲してくれた
クラシックギターデュオ「いちむじん」へインタビューしました。

公開日:2014年3月31日 最終更新日:2019年3月31日
ページトップへ戻る
主催 協賛 後援

このサイトの目的は、患者・医療関係者に対してがん医療情報を提供するためのものです。このサイトでは、がんに関するビデオ・冊子・セミナー情報を掲載しています。
掲載されているコンテンツは、医療資格を持つ担当理事が掲載可否を判断しています。また、定期的に開催される理事会にて、掲載コンテンツのレビューを行っています。
このサイトは、がん患者さんを主たる対象にしています。同様に、医療関係者向けの有益な情報も提供しています。
公開されている情報には過去のものも含まれます。各ページに記載されている最終更新日をご確認ください。