ブルーリボンキャンペーン > スタッフブログ > セミナー > Japan Cancer Forumにて大腸がんセッション開催!(薬物療法)

Japan Cancer Forumにて大腸がんセッション開催!(薬物療法)

はましま
はましま
投稿日:2016.08.11

8月6日(土)開催「Japan Cancer Forum2016」では、大腸がんの外科治療に続き、薬物療法についてもお届けしました。

講師は、東京都のブルーリボンキャンペーンアンバサダー、がん研究会有明病院 消化器センター消化器化学療法科 部長 山口研成先生です!

大腸がんの薬物療法(抗がん剤・分子標的薬)
~抗がん剤治療はどこまで可能性がひろがったか~
きついのに効かないと言うイメージの抗がん剤 でもなんで広がっているのでしょう。抗がん剤治療がなにをもたらしてくれるのか、いっしょに考えてみましょう。(プログラムより)

大腸がん薬物療法01

「抗がん剤がQOLを下げるのではなく、がんがQOLを下げるのです。
抗がん剤治療の効果によってできた時間を、その人らしく過ごしてほしい。
そのための、抗がん剤治療です。」

心に残る言葉でした。

後半は、会場からの質問票にお答えいただきました!
司会は、外科的治療に続き、アンバサダーの東京医科歯科大学大学院 応用腫瘍学講座 准教授 石黒めぐみ先生です。

「抗がん剤治療によって腫瘍を小さくして切除することは、どのくらい可能ですか?」という
外科&腫瘍内科、どちらにもまたがる質問もありました。
山口先生、石黒先生から回答をいただきました。

大腸がん薬物療法02

山口先生、石黒先生、ありがとうございました!
大腸がん薬物療法03

こちらの講演動画も、後日Japan Cancer Forum特設サイトに公開されますが、
セッション数が多いため、掲載まで2~3か月かかると思われます。

2016年3月21日開催「ブルーリボンキャラバン2016in東京」の山口研成先生の講演動画を是非ご覧ください!

最終更新日:2016年8月24日
ページトップへ戻る
主催 協賛 後援

このサイトの目的は、患者・医療関係者に対してがん医療情報を提供するためのものです。このサイトでは、がんに関するビデオ・冊子・セミナー情報を掲載しています。
掲載されているコンテンツは、医療資格を持つ担当理事が掲載可否を判断しています。また、定期的に開催される理事会にて、掲載コンテンツのレビューを行っています。
このサイトは、がん患者さんを主たる対象にしています。同様に、医療関係者向けの有益な情報も提供しています。
公開されている情報には過去のものも含まれます。各ページに記載されている最終更新日をご確認ください。