ブルーリボンキャンペーン > スタッフブログ > セミナー > Japan Cancer Forumにて大腸がんセッション開催!(外科)

Japan Cancer Forumにて大腸がんセッション開催!(外科)

はましま
はましま
投稿日:2016.07.10

こんにちは!

8月6日(土)~7日(日)東京の日本橋で、「Japan Cancer Forum2016」を開催いたしました。
来場者数2106名、セッション毎の延べ参加数5704名と、たくさんの方にお越しいただき誠にありがとうございました。

JCFボランティアの皆さんと

さて、8月6日(土)は、17:00~大腸がんの外科治療、18:00~大腸がんの薬物療法についてセッションを開催いたしました。

外科的治療の講師は、東京都のブルーリボンキャンペーンアンバサダーの
国立がん研究センター中央病院 大腸外科 科長 金光幸秀先生です。

‪大腸がんの外科的治療‬
~よくわかる!最新の大腸がん手術~拡大手術から縮小・機能温存手術まで~

大腸がんは粘膜から発生する悪性腫瘍であり、増大するにつれて次のような進展様式を認めます。
① 直接浸潤 ② 腹膜播種性転移 ③ 血行性転移 ④ リンパ行性転移
これらの進展様式の程度から、がんの進行程度が「病期(ステージ)」で表され、このうち主にステージIからIIIまでが外科的治療の対象となり、癌のある腸管とリンパ節とを切除します(根治手術)。大腸がんに対する根治手術の基本的概念ならびに縮小から拡大までを含めた最新の外科手術についてお話したいと思います。(プログラムより)

大腸がん外科01

イラストやアニメーションがたくさん入った目に見て分かりやすいご講演をありがとうございました!

後半は、会場からの質問票にお答えいただきました。
司会は、ブルーリボンキャンペーンアンバサダーボードメンバーの東京医科歯科大学大学院 応用腫瘍学講座 准教授 石黒めぐみ先生です。

大腸がん外科02

金光先生、石黒先生、ありがとうございました!

大腸がん外科03

講演動画は後日、Japan Cancer Forum特設サイトに掲載予定です。
尚、多数のセッションがありましたので掲載には2~3か月かかるかと思われます・・・。
待ちきれない方は、2016年3月21日開催「ブルーリボンキャラバン2016in東京」の金光幸秀先生の講演動画を是非ご覧ください!

最終更新日:2016年8月24日
ページトップへ戻る
主催 協賛 後援

このサイトの目的は、患者・医療関係者に対してがん医療情報を提供するためのものです。このサイトでは、がんに関するビデオ・冊子・セミナー情報を掲載しています。
掲載されているコンテンツは、医療資格を持つ担当理事が掲載可否を判断しています。また、定期的に開催される理事会にて、掲載コンテンツのレビューを行っています。
このサイトは、がん患者さんを主たる対象にしています。同様に、医療関係者向けの有益な情報も提供しています。
公開されている情報には過去のものも含まれます。各ページに記載されている最終更新日をご確認ください。