NPO法人キャンサーネットジャパン > COVID-19に関するがん患者と家族のためのQ&A > 「COVID-19に関するがん患者さんと家族のためのQ&A」~脳腫瘍~

脳腫瘍の患者さんから寄せられたQ&A

Q77:小学6年生で脳腫瘍になり手術で脳下垂体を切除しました。現在ホルモン注射をしていますが、コロナに感染すると重症化しますか。
10代・脳腫瘍・奈良県

Q.77
小学6年生の時に脳下垂体に脳腫瘍にができ、抗がん剤、放射線、手術を受けました。今年で6年たちます。手術で脳下垂体をとったのでホルモン治療(飲み薬と、成長ホルモンの注射)をしており、2ヶ月に1回通院しています。退院して5年たっていますが、コロナに感染すると重症化する確率は高いでしょうか。
(患者・10代・脳腫瘍・奈良県)

A.
治療の種類によりますが、一般的に脳腫瘍の治療終了から6年経過している場合、ウイルス感染に対する免疫は正常レベルに回復しているはずです。
ホルモン補充療法も適正な生理量であれば、やはりウイルス感染に対する免疫力の低下はおこりません。
同年代の基礎疾患のない方と比較して、重症化する確率は同じと考えてよいと思います。

2021.5.13

Q28:脳腫瘍の手術経験があるとCOVID-19に感染した場合、重篤になるリスクはありますか
50代・脳腫瘍・神奈川県

Q28:再発確認手術等を受けそれから間もなく3年です。脳腫瘍の手術経験がある場合は一般の人よりも感染したときに重篤になるリスクはあるのでしょうか。
50代・脳腫瘍・神奈川県

A:現在、抗がん剤などの治療をしていなければ、一般の人とリスクは変わりません。
2020.05.09up

Q23:放射線治療で免疫が落ちることはありますか
40代・脳腫瘍・千葉県

Q23:脳腫瘍の摘出術後、放射線治療をして1年が経ちました。治療直後は体調を崩す事も多く復職も遅らせました。今は体力も戻って来ましたが、放射線治療で免疫が落ちることがあるのかどうか伺いたいです。基本的な手洗い・うがい・マスクはして人混みは避けています。
40代・脳腫瘍・千葉県

A:
脳腫瘍に対して放射線療法を行い免疫力が下がることは考えにくく、しかも1年前であれば影響はないと断言できます。著名人の死因に影響した因子として所属事務所が放射線治療について誤ったコメントを出したせいのご心配と思います。
※参考:日本放射線腫瘍学会のサイト
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/2019nCoV-02-200420.pdf

2020.05.09up

公開日:2020年5月9日 最終更新日:2021年3月18日