NPO法人キャンサーネットジャパン > COVID-19に関するがん患者と家族のためのQ&A > 「COVID-19に関するがん患者さんと家族のためのQ&A」~女性特有のがん~

女性特有のがんの患者さんから寄せられたQ&A

Q47:化学療法終了後に特に気を付けることはありますか。
60代・患者・愛知県

Q47:昨年、子宮全摘術後、AP療法6回を5月に終了。血液の数値が半年は底値安定で正常範囲に戻らないとのこと。 (COVD-19の拡大している今)特に気を付けることがあればお聞きしたいです。
60代・子宮体癌・愛知県

A:
化学療法を受けられていますが、昨年の5月に終了ということであれば、化学療法終了後、1年以上経過されているということですね。
それですと、コロナにかかるリスクが一般の人よりも、すごく高いということではないと考えられますので、過度に恐れる必要はないかと思われます。

2020.08.21up

Q15:治療後経過観察中で、咳が1週間以上続いています。すぐに受診しても大丈夫でしょうか
40代・卵巣がん・埼玉県

Q15:治療後1年8ヶ月経過観察中です。 咳が1週間以上続き、常に鎖骨の間とそのすぐ下の胸に違和感あります。平熱で味覚の異常もありません。県外病院で治療をしているため緊急事態宣言中の通院の延期を申入れましたが、卵巣がんは肺に転移しやすいと聞きました。下腹部も時々痛みます。すぐに通院しても大丈夫ですか。
40代・卵巣がん・埼玉県

A:
一般的な話ですが、卵巣がんは、腹腔内への転移は多いですが、肺に転移しやすいというエビデンスはありません。
症状については、まずは、お電話にてかかりつけの医療機関に相談してみてはいかがかと思います。

2020.05.04up

Q13:経過観察中です。診察は延期を検討したほうが良いでしょうか
40代・子宮頸がん・東京都

Q13:経過観察中です。次回の診察は通常5月末を予定していましたが、診察は延期を検討したほうが良いでしょうか。その場合、どの程度、延期することは可能でしょうか。
40代・子宮頸がん・東京都

A:
電話やオンライン診察ができるか、延期してもよいか、予定通りがよいかなど主治医の先生とご相談下さい。何か気になる症状があれば、予定通り受診された方が良いと思います。

2020.05.03up

公開日:2020年5月7日 最終更新日:2020年5月26日