美恵ママ・乳がん基金

チャイルド・ライフ・スペシャリスト育成・普及のため、皆様からのご支援をお待ちしています。

小学校での活動

チャイルド・ライフ・スペシャリストによる「がんの授業」をご検討の方はこちらまでご連絡ください。

寄付の方法

ご寄付の種類には、毎月定額を寄付する「マンスリーサポーター」と、今回1回の寄付をする「今回のみの寄付」、「銀行振込」の3種類があります。

■ マンスリーサポーターのご案内

マンスリーサポーターとは、毎月、一定額をクレジットカードでご寄付いただけるシステムです。
マンスリーサポーターにお申込みの方はこちらの「申し込む」ボタンから入力フォームへお進みください。

 

■ 今回のみ寄付をする

電子決済(クレジットカード決済)システムによりインターネット上で1回のご寄付がお申込いただけます。
こちらの「寄付する」ボタンから入力フォームへ進みお申込みください。

 

■ 銀行振り込みで寄付をする

銀行振り込みでのご寄付の場合は、下記銀行口座へお振込みください。ご寄付に際し、事前に「寄付申込書」(PDFもしくはWORD)を、1もしくは2の方法で事務局宛お送りください。

【銀行振り込み先】
・銀行名: 三菱東京UFJ銀行
・支店名(店番): 本郷支店(351)
・口座種別: 普通
・口座番号: 0115844
・口座名義: 美恵ママ・乳がん基金

  1. メールでPDFを送る
    以下の寄付申込書(PDFもしくはWORD)をダウンロード頂き、必要事項を記入の上、info@cancernet.jpまでお送り頂き、ご寄付のお振り込みよろしくお願い申し上げます。
  2. ファックスで寄付を申し込む
    以下の寄付申込書(PDFもしくはWORD)をダウンロード頂き、必要事項を記入の上、ファックス(ファックス番号:03-5840-6073)でお知らせ頂き、ご寄付のお振り込みよろしくお願い申し上げます。

寄付金申込書(PDF)寄付金申込書(Word)

 

美恵さんの夫 小松武幸さんからのメッセージ

小松美恵は生前、聖路加国際病院にてチャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)から「子どもに、一生残る財産を…」と提案を受け、親子3人で【手形】を取ったのです。まさに、子どもにとっては一生の宝物です!
ただ残念ながら、現在国内にはCLSの資格を持った方は30人弱しかおらず、その多くは非常勤として働いています。というのも、日本の医療システムではCLSの活動には“保険点数”が付かないため、病院があくまで「自腹で給料を払っている」のが現状です。
そこで私たちは、活動の場がもっと広がる土壌を作るため、CLSの導入を検討してはいるものの、予算の問題で導入できない病院に対し、基金から拠出することでサポートしたいと考えています。

チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)とは、病気(小児がん等)の子どもと家族を精神的にサポートする専門家のことを言います。 子どもにとって慣れない病院での闘病生活は精神的に大きな負担となり、健やかな成長や発達を損なうこともあります。また、恐怖心からトラウマになることも…。
CLSはそんな負担を減らすため、人形やぬいぐるみを使って、病気のことを分かりやすく説明したり、おもちゃや本物の医療品を使って事前に練習しておくことで、恐怖心を取り除き“子どもの目線”で子どもと向き合うのです。

また、ママやパパが病気の場合にも、CLSはその力を発揮します。
例えば、点滴だらけのママを初めてお見舞いする際、その姿にビックリしないよう予め心の準備をさせてあげたり、ショックをやわらげるよう上手く説明もしてくれます。
入院が長くなったママが、子どもとこれまで以上に「絆」を深められるよう、配慮もしてくれます。

公開日:2016年7月26日 最終更新日:2017年7月7日