急性リンパ性白血病について知りたい方へ

急性リンパ性白血病は、血液がんの一種です。小児に多く、成人の場合は人口10万人に1人程度の発症率で、染色体異常の有無や年齢によって治療法が異なります。白血病という病名は不治の病のようなイメージを持たれているかもしれませんが、治療は着実に進歩していてます。 この動画は、専門医が各テーマに分けて詳しく解説をしています。急性リンパ性白血病の患者さんやご家族が正しい情報を知り、十分に理解して治療に臨めるように作成しました。是非ご活用ください。

急性リンパ性白血病とは?

急性リンパ性白血病は、小児がんの中では最も多い疾患です。成人では白血病全体の約20%で患者数は多くありませんが、染色体異常の有無や病型分類などのリスクファクターによって治療法や予後が変わります。このウェブサイトでは、急性リンパ性白血病がどのような病気で、どのような治療選択があるのか、また、どのようなことに注意が必要なのかを、数多くの診療経験を有する専門医に、それぞれのテーマでお話しいただいています。患者さんやご家族が急性リンパ性白血病を十分に理解したうえで、納得して治療を受けるためのフォローとして、是非ご活用いただければ幸いです。

谷口 修一 先生
虎の門病院 血液内科

1急性リンパ性白血病とは
(疫学、原因、診断、分類など)

2成人(25歳~60歳)Ph陰性の
急性リンパ性白血病

水田 秀一 先生 金沢医科大学 血液免疫内科

昭和61年に佐賀医科大学を卒業後、県西部浜松医療センター血液科、東京都立駒込病院輸血科医員を経て名古屋大学第一内科に帰局。安城更生病院血液内科総括部長として5年間ひたすら臨床に没頭した後に平成15年から藤田保健衛生大学血液内科准教授。平成30年1月から金沢医科大学血液免疫内科教授。研究テーマは患者さんの年齢や社会的背景、臨床所見、腫瘍細胞における遺伝子発現、患者さん自身の薬剤代謝の遺伝子的背景等を考慮した治療におけるオーダーメード化。

3成人(25 歳~60 歳)Ph陽性の
急性リンパ性白血病

4急性リンパ性白血病に対する
造血幹細胞移植

柳田 正光 先生 愛知県がんセンター 血液・細胞療法部

1995年に名古屋大学医学部を卒業。名鉄病院,名古屋大学医学部附属病院,テキサス大学MDアンダーソンがんセンター,藤田保健衛生大学病院などでの勤務を経て,2018年より愛知県がんセンター中央病院にて血液腫瘍全般の診療を精力的に行なっている。なかでも急性白血病は医師になった時からの一貫した研究テーマであり,これまで急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病の臨床病態の解明や治療法の開発に全力で取り組んできている。

5高齢者の急性リンパ性白血病治療

6合併症のマネジメント、感染管理

山本 豪 先生 虎の門病院 血液内科

1997年東京大学医学部卒業、東京大学医学部附属病院、東京厚生年金病院での研修を経て、1999年より2003年まで東京大学大学院医学系研究科にて白血病関連遺伝子などの研究。2003年東京大学医学部附属病院医員、2007年同助教、2012年より虎の門病院に勤務。リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病などの各種血液疾患の診療に化学療法から造血幹細胞移植まで幅広く携わっている。

7治療中の検査と効果の判定

8急性リンパ性白血病の再発時の治療

太田 秀一 先生 札幌北楡病院 血液内科

1990年東海大学医学部卒業。北海道大学医学部付属病院で内科研修の後、函館協会病院、帯広厚生病院、市立函館病院での勤務を経て、1997年から北海道大学病院第三内科の血液グループで造血幹細胞移植をはじめとする血液疾患の診療および北海道大学医療技術短期大学部での学生指導にも従事。2007年より札幌北楡病院内科部長、2017年4月より同院の血液内科診療部長として現在に至る。趣味はテニス、犬との散歩。

9思春期・若年成人(15歳~24歳)の
急性リンパ性白血病※公開準備中

10小児急性リンパ性白血病の治療
※公開準備中

康 勝好 先生 埼玉県立小児医療センター 血液・腫瘍科

1992年東京大学医学部卒業、同大学小児科入局。茅ヶ崎市立病院で一般小児科の研修を終 えたのち、神奈川県立こども医療センター血液科、埼玉県立小児医療センターで小児血液 腫瘍の臨床に携わる。東京大学小児科を経て2009年埼玉県立小児医療センターに血液腫瘍 科科長として再度赴任した。専門は小児急性リンパ性白血病(ALL)の臨床研究で、日本 小児がん研究グループ(JCCG)ALL委員会委員長を務めている。趣味は読書とワイン。

もっと知ってほしい急性リンパ性白血病のこと

もっと知ってほしい白血病のこと

後援
日本血液学会
日本造血細胞移植学会
日本骨髄バンク
協賛
日本血液学会
Flier
フライヤー