インターネット動画配信で学ぶ もっと知ってほしい血液のがんのこと

  • お問い合わせ
  • 過去動画アーカイブ
  • 動画
  • メッセージ
血液の病気と言われたら…?!納得して治療が受けられるように、まずは血液の病気のこと、標準的な治療法についてこの動画で知ってください。正確な情報を知ることが、がんと向き合う力を与えてくれるはずです。

ご覧になる皆さまへ

吉原 麻里 先生

佐賀大学医学部内科学講座 血液・呼吸器・腫瘍内科

2010年に久留米大学医学部医学科卒業、地元の佐賀にて2年間の臨床研修終了後、2012年に佐賀大学医学部附属病院の血液・腫瘍内科に入局した。専門は血液内科全般。2014年2月~2015年3月は育児休暇中ですが、血液・腫瘍内科への熱い思いに休みはありません!

Facebook

もっと知ってほしい血液がんのこと動画

木村 晋也 先生

No.1 血液とは?どうして血液がんになるの?(2014/08/10公開)

正常血液のこと、どうしてがんになるのか、検査はどんなものがあるのかを説明しています。まずはこの動画を視聴されると、他の動画もより深くご理解いただけます。

No.2 急性骨髄性白血病の治療について(2014/08/10公開)

No.3 急性リンパ性白血病の治療について(2014/08/10公開)

No.4 慢性骨髄性白血病の治療について(2014/08/10公開)

No.5 慢性リンパ性白血病と慢性骨髄増殖性腫瘍の治療について
(2014/08/10公開)

木村 晋也 先生 佐賀大学医学部内科学講座 血液・呼吸器・腫瘍内科

1986年に自治医科大学卒業、8年間のへき地勤務の後、オーストラリア、ドイツでの留学を経て、2002年から京都大学医学部 輸血細胞治療部助手。2009年に佐賀大学医学部 血液・呼吸器・腫瘍内科教授となり、2014年から佐賀大学医学部附属病院 副病院長を勤める。専門は、血液学・輸血学。特に慢性骨髄性白血病を得意とする。趣味は、魚釣り。

ページ上部へ戻る
福島 伯泰 先生

No.6 悪性リンパ腫の治療について(2014/08/10公開)

福島 伯泰 先生 国際医療福祉大学福岡保健医療学部 医学検査学科

1994年に佐賀医科大学卒業。2001年に佐賀医科大学大学院病理学教室修了。同附属病院血液呼吸器腫瘍内科にて悪性リンパ腫の診断と治療を中心に従事していた。同講師を経て、2013年より新設された国際医療福祉大学福岡保健医療学部医学検査学科教授となり、現在に至る。学生教育が目下の関心ごと。

ページ上部へ戻る
久富 崇 先生

No.7 血液のがんに伴うDICの治療について(2014/08/10公開)

久富 崇 先生 佐賀県医療センター好生館 血液内科

2000年に佐賀医科大学卒業。3年間の研修を経て、2003年より佐賀大学医学部附属病院 血液内科入局。2008年に血液内科助教となり、2009年~2011年に病棟医長。2012年より佐賀県医療センター好生館血液内科に勤務し、血液疾患全般の診療にあたる。モットーは「最小限の労力で、最善の効果」。娘にとてもあまい2児の父親。

ページ上部へ戻る
進藤 岳郎 先生

No.10 成人T細胞白血病・リンパ腫について(2014/08/10公開)

進藤 岳郎 先生 佐賀大学医学部内科学講座 血液・呼吸器・腫瘍内科

1997年に京都大学医学部を卒業し、関西各地で血液内科医として働く。移植後GVHDに興味を持ち、京大および米国で移植免疫学の研究に携わり、2012年に佐賀大学医学部血液・呼吸器・腫瘍内科の助教となる。血液内科臨床の傍ら研究を続け、新たなGVHD治療法の開発と、ATLの免疫動態解析に奮闘中。広島カープとランニング・ギター・山登りをこよなく愛する。

ページ上部へ戻る
久保田 寧 先生

No.9 骨髄異形成症候群の治療について(2014/08/10公開)

久保田 寧 先生 佐賀大学医学部内科学講座 血液・呼吸器・腫瘍内科

1997年に佐賀医科大学卒業、佐賀医科大学病院で臨床研修を開始し、国立熊本病院で造血細胞移植を学ぶ。2003年より京都大学大学院に進学し、理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターで造血幹細胞研究に従事。2010年に佐賀大学医学部 血液・呼吸器・腫瘍内科 助教、2012年より同・講師。輸血部副部長も兼務。趣味は、息子2人と戯れること。弓道参段。

ページ上部へ戻る
安藤 寿彦 先生

No.8 多発性骨髄腫の治療について(2014/08/10公開)

No.11 造血幹細胞移植について(2014/08/10公開)

安藤 寿彦 先生 佐賀大学医学部内科学講座 血液・呼吸器・腫瘍内科

1993年に山口大学医学部卒業し、第3内科(内分泌・代謝・血液)入局。大学附属病院、関連病院、研究室での基礎研究などを経て、2001年国立がんセンター中央病院に勤務し、造血幹細胞移植を研修。2002年から山口大学医学部附属病院で造血幹細胞移植を中心に血液疾患治療に従事。2013年4月から現職。専門は造血幹細胞移植など血液悪性疾患治療。

ページ上部へ戻る
末岡 榮三朗 先生

No.12 血液がん患者さんのための、血液検査データの読み方について(2014/08/10公開)

末岡 榮三朗 先生 佐賀大学医学部 臨床検査医学講座

1984年佐賀医科大学(現佐賀大学医学部)卒業。血液内科医として臨床活動をスタートするも、若い患者さんを次々と白血病で亡くした経験から、研究活動を開始。国立がんセンター研究所、埼玉県立がんセンター研究所でがん研究を学び、1999年から母校に復帰。2008年血液内科准教授、2013年より臨床検査医学講座教授就任、現在に至る。専門は、臨床腫瘍学、成人T細胞白血病・リンパ腫。佐賀大学病院検査部長、輸血部長兼任、HTLV-1専門外来代表。

ページ上部へ戻る
浅見 豊子 先生

No.13 造血幹細胞移植患者さんのためのリハビリテーション
~ 無菌室や自宅で自主トレーニング ~
(2015/10/15公開)

浅見 豊子 先生 佐賀大学医学部附属病院 先進総合機能回復センター・リハビリテーション科

1984年 福岡大学医学部卒業後、リハビリテーション(リハ)科専門医を目指し佐賀医科大学整形外科に入局。1988年に同大学院を修了し、1990年佐賀医科大学附属病院整形外科助手。1994年米国留学し、1995年同整形外科学内講師。2004年佐賀大学医学部附属病院リハ部助教授、2007年同リハ科 診療教授、2010年よりは同先進総合機能回復センター 副センター長となり現在に至る。専門は、義肢装具療法、ロボットリハ、高次脳機能障害である。また、日本リハ医学会 理事。日本義肢装具学会 理事長および日本専門医機構専門研修プログラム研修施設評価・認定部門委員の他、佐賀がんリハビリテーション研修会実行委員長なども兼務している。

ページ上部へ戻る