イベント情報

緊急企画:映画「希望のちから」で考えるがんの臨床試験のこと
in 東京

開催日 2010年4月17日(土)
時間など ◆時間:10:15(開場10:00)-12:10
◆場所:東京ウィメンズプラザ ホール
◆参加費:無料
申込はこちらからどうぞ
*お申し込みいただいた方には自動返信メールが送信されます。そちらが参加票となりますのでプリントしてお持ちください
この緊急企画観賞会と、同日午後より開催されるセミナーは別の申込が必要です(但し:今回の午後のセミナーは受付終了しておりますことご了承下さい)
問い合わせ先 info@cancernet.jp

がんの臨床試験(治験)を考える上で、がん患者、家族だけでなく、医療者にも参加して頂きたい映画です。この映画から、がん患者、家族、がん患者支援団体、医療者、企業など、様々な立場の人々が臨床試験(治験)を成し遂げる事の重要性が学べます。

「希望のちから」(発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
ストーリー:デニスは乳がんの治療にすべてを捧げる医師。彼は乳がん患者とその家族のためにいろいろなものを犠牲にしていた。ある時は家族との団欒を犠牲にし、ある時は治療薬開発の資金を得るために奔走し多くの時間を乳がん治療の研究に時間を費やしていた。その先にある乳がん患者の笑顔のために。


プログラム

10:15〜10:30
開会挨拶と趣旨説明
 
NPO法人キャンサーネットジャパン 事務局長 柳澤 昭浩

10:30〜12:00
映画「希望のちから」上映


12:00〜12:10
閉会挨拶と今後の予定

NPO法人キャンサーネットジャパン事務局長 柳澤 昭浩

◆当日の配布資料の中に、映画「希望のちから」の販売申込書を同封しています。

* 販売価格のうち500円は、がん臨床試験推進のため若手がん研究者に寄付致します。
   詳細はCNJのホームページで紹介します

>>案内チラシのダウンロードはこちら<<(PDF)