アキバキャンサーフォーラム2015 > 当日の講義を視聴する > 【日本肺癌学会共催】肺がんの外科治療

【日本肺癌学会共催】肺がんの外科治療

“非小細胞肺がんと診断されたら…外科治療で知ってほしいこと”

8/8(Sat) 12:00-12:50 秋葉原UDX 4F ネクスト1

肺がんの外科治療は比較的早期の患者さんに治癒を目的としておこなう治療です。このセッションでは、どのような患者さんに手術をおこなうか、その方法、術後の合併症や術後補助化学療法まで、詳しく説明します。また手術の現場もご紹介したいと思います。

講演者

光冨 徹哉

光冨 徹哉(みつどみ てつや)

近畿大学医学部 外科学講座 呼吸器外科部門 主任教授

1980年九州大学医学部卒。1986年九州大学大学院医学研究科修了、医学博士。1988年九州大学医学部第二外科助手。1989年米国国立癌研究所にて肺癌の分子生物学的研究に従事。1991年、産業医科大学第二外科講師、九州大学第二外科助教授を経て、1995年愛知県がんセンター胸部外科部長、2006年同副院長、2012年近畿大学医学部外科学講座呼吸器外科部門主任教授。肺癌の外科的治療を専門とするほか分子標的治療にも造詣が深い。世界肺癌学会理事、日本肺癌学会理事長、日本呼吸器外科学会、日本臨床腫瘍学会各理事。

司会

滝口 裕一

滝口 裕一(たきぐち ゆういち)

千葉大学医学部附属病院 臨床腫瘍部 教授

1983年千葉大医学部卒業。浜松医療センター、放射線医学研究所(研究生)、国立がんセンター東病院、ロスアラモス国立研究所、千葉大呼吸器内科などを経て、2007年より千葉大学臨床腫瘍部勤務。肺がんを含む各種がんの化学療法・集学的治療を専門に、臨床試験にも取り組む。コミュニケーションの重要性と難しさを痛感する毎日です。

公開日:2015年6月6日 最終更新日:2015年9月29日