非公開: 術側の腕について

こんばんは!Bigcharoです

私事ではありますが、今年の夏で乳がん手術から満10年を迎えました

最近、「普段気をつけていることありますか?」と訊かれ、気付いた点を書きたいと思います。

そういえば、この10年、就寝時は腕枕がかかせません。腕枕といっても、素敵な人に腕枕をしてもらう・・・わけではなく、術側の左腕を少し高くして寝ています。乳がんの手術時に、リンパ節の郭清をしているため、リンパ液の流れが悪くなるためです。寝ている間に腕に溜まったリンパ液が、胴体に戻るように少し腕を高くして眠っています。この10年、寝るときには腕枕がないと落ち着いて寝付けません。また、寝返りを打つ時も、術側の腕が上になるように意識してしまいます。もちろん寝返りの方向が100%片側というわけではないですがw寝ている間も気をつかってしまいます。

リンパ液が溜まり、ひどくなるとリンパ浮腫になります。私は、まだ浮腫と言えるほど腫れたことはないのですが、体が疲れてくると、腕時計がはまらなくなります。

 

 

 

約5年間、主にこの時計をはめてますw

革のベルトと違ってバックルが調整できない分、腕が太くなるとすぐ分かるんです。

ちょっと疲れてくると、腕時計を外した時に、時計の跡が残るし、本当に体が疲れてくると、腕時計がはめていられなくなります。腕の痛みで時計を外したら最後、その後時間を置いてはめようとしてもバックルが留らなくなるときがあります。1~2日、休息をとると腫れもひいて、また腕時計ができるようになります。そんな感じで、術側の腕を気にしながら過ごしてきた10年でした。同じ乳がん仲間や、身近な人の何かの参考になれば幸いです。

これからの日々も、自分の体調と向き合いながら、CNJの活動に励みたいと思います!!

公開日:2012年8月20日 最終更新日:2016年1月22日