第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 市民公開講座  がん薬物療法の最先端 がん薬物療法のP(Physical)M(Mental)S(Social)を考える

開催日 2011年7月24日(日)
時間

13:30(開場12:30)

場所

パシフィコ横浜 メインホール

参加費

無料

申込み方法
主催 第9回日本臨床腫瘍学会 学術集会
案内チラシ >> 案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)

総合司会 久保田 智子(TBS アナウンサー)

13:30-13:35 <開会挨拶>
~日本のがん医療の向上:世界の最先端を目指して~
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 会長
国立がん研究センター東病院 臨床開発センター長 大津 敦

13:35-14:35 <基調講演 1>
がん薬物療法の近年の進歩:知っていますか分子標的薬?
<乳がん> 国立がん研究センター東病院 化学療法科 向井 博文
<肺がん> 千葉大学大学院医学研究院 先端化学療法学 滝口 裕一
<大腸がん> 国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野 孝之

14:40-15:00 <基調講演 2>
がん患者に対する心のケア:サイコオンコロジーを知っていますか?
名古屋市立大学大学院 精神・認知・行動医学 准教授 明智 龍男

15:00-15:20 <基調講演 3>
知っていますか? がん患者が直面する体・心・社会の問題
NPO 法人HOPE プロジェクト理事長 桜井 なおみ

15:30-16:20 日本のがん医療の今後:私たちにできることは?
司会:小嶋 修一(TBS 報道局)・久保田 智子(TBS アナウンサー)

パネリスト:
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 会長 大津 敦
国立がん研究センター東病院 化学療法科 向井 博文
千葉大学大学院医学研究院 先端化学療法学 滝口 裕一
国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野 孝之
名古屋市立大学大学院 精神・認知・行動医学 明智 龍男
NPO法人 HOPEプロジェクト 桜井 なおみ

16:20-16:30<閉会挨拶>
~これからの日本臨床腫瘍学会の取組み~
福岡大学医学部 腫瘍・血液・感染症内科学 田村 和夫

最終更新日:2011年10月29日