非公開: CNJの野望

S S
投稿日:2012年1月17日

スタッフSです。

今日はCNJの顧問社労士である江越さんと、2時間ほど打ち合わせをしました。

内容は、業務分担にそった給与体系や評価基準や、昨年度策定した就業規則の実態に沿った見直し等諸々。。

そう、CNJには就業規則もあるんです!

CNJの就業規則もHPで公開してみたらおもしろいんでは?!なんていう話が上がるほど

きっとまだまだ日本のNPOは内部体制が万全でないところが多いはず。

内部体制どころか、給与さえ支払うのもやっとこなところが多いのも事実なところ。

(これには、日本の寄付制度の問題点や、その他助成金の仕組みの問題があり

給与を支払うことをしたくてもできないNPOが多いという側面もありますが。。)

ただ、少しずつですが改善に改善を重ね、着実に組織力を高めていこうと意識すれば

できるはずなんです。

そう、株式会社であろうと、非営利組織であろうと、組織は組織。

その組織については、仕組みもきっちり法律で定義づけられています。

株式会社ではないので株主は当然いません。なので生まれた利益の配当先の変わりは、非営利活動に充てること。そう利益が出れば、(正確には寄付などのいただいたお金を大切に使って!上手に利用させていただいて!ですね)その分また啓発活動の一環に使用するというのがNPOのルール。

ならば、組織らしく動いてご支援いただく方々にもちゃんとした姿勢をしめしていこうではないか、というのが今年度のCNJの課題でもあります。

ひいては、USAのように日本の就職先ランキングTOP10にでも入るくらいNPOの知名度を上げるのがCNJのちょっとした(ちょっとではないですね・・・)野望でもあります♪♪