非公開: 那智~勝浦~白浜

CNJ大阪スタッフ CNJ大阪スタッフ
投稿日:2012年1月13日

ひげの父さん@CNJ大阪です。本年もどうぞよろしくお願いします。

今年の初ブログは、正月の家族旅行の報告です。

那智山青岸渡寺(西国1番札所)の納経(ご朱印を頂く)が主目的だったのですが、同じ行くなら、正月のレジャーも兼ね一家そろってということで、那智大社と青岸渡寺に初詣のあとは勝浦温泉に泊まり、翌日は白浜のアドベンチャーワールドで遊んできました。

数年前に、熊野古道でも一番厳しいと言われている大雲取・小雲取を越えて、青岸渡寺にたどり着いた時は、なかなか感動的でしたが、今年はまだ小さい孫もいっしょなので、車での移動です。
国道42号線から那智山へ向かう道に入ると、川筋には昨年の豪雨(台風12号)で流れ下ったきた大石がごろごろ。
ぺしゃんこに潰れた家が屋根だけを残してそのまま放置されていたり、地滑りのあとで痛々しい山肌が露出していたり・・・景観がすっかり変わっていました。
七曲の道も路肩が崩壊、一方通行の個所もあり、渋滞で焦りが・・・やっと、土産物店の駐車場に車を止めました。
そこの店主が言うことには、大雨の時には前の道も濁流となり魚が跳ねていたとか。
那智大社や青岸渡寺も相当な被害があったようですが、こちらのほうはほぼ元通りに復元されていました。
初詣を済ませて、杉の大木が林立する石段を下り那智の滝へ。
滝壺周辺には多くの岩が転がり、なぎ倒された木々もほとんど手つかずのままでした。

那智の滝勝浦の半島に突き出た旅館に行くには、駐車場からマイクロバスと船を乗り継ぎます。
有名な洞窟風呂には孫(2歳)を連れて入りましたが、何度も湯に潜って喜んでいたので、のぼせないかと心配しました。^^
バイキング形式の夕食は、温泉旅館らしくない気もしましたが、若い人にはたぶんこのほうが良いのでしょう。
昔は良く食べたものですが、近頃はそこそこにしておかないと、夜、胸やけがしていけません。
翌日のアドベンチャーワールドではお決まりの探検列車に乗り、後はパンダとイルカショー・・・

イルカショー
それなりに楽しめ旅行でしたが、孫の守もしながら、車での強行軍。運転は息子と交替しながらとは言え、帰路は途中20数キロの渋滞に巻き込まれ、どっと疲れが増幅しました。