非公開: 見えない障害

寒中お見舞い申しあげます。snow

2012年も明け昨日から新しいスタートを切りましたrun

久々に乗った通勤電車train

仕事始めに合わせるように、たまたま新聞にある記事が載っていました。

”見えないつらさ”についてです。

電車やバスの中で、お年寄りや体のご不自由な方などをお見かけしたら、

”席をお譲りする”というのは皆さんもよ~く心得ていらっしゃるかと思います。

でも、見た目には分からないけど、席に座れずにとても辛い思いを

されている方がいらっしゃいます。

お腹がまだ目立たない妊婦さんもそうですが、

病気の治療をされていたり、慢性的な疾患の為にずっと体調がすぐれない方など。

見た目には何ともない人が座っていて、お年寄りが乗って来られても席を譲る気配もない。

その時、突き刺さる視線を投げかける方もいらっしゃるでしょうpout

確かに健康そのものな方もいらっしゃるかと思います。

でも、皆さんに理解して頂きたいのです。

目に見えない障害を抱えている人がいる事を。

だけど、どうやってこの事を他の人に知らせれば良いのでしょうか?

まさか大声で”私はがん患者で治療の副作用で体がしんどいのです”

な~んて言えないですよね・・・。

私の住む兵庫県では”譲りあい感謝マーク”のバッジがあります。

まだまだ認知度も低いかも知れませんが、

是非、皆さんにこのバッジの意味を知ってもらいご理解いただきたい。

そして付けている人を見かけたら、どうか席を譲ってあげて下さい。

辛い時はお互いさまですものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日:2012年1月11日 最終更新日:2016年1月22日