NPO法人キャンサーネットジャパン > 各種講座修了生の活動 > ピンクリボン湘南ウォーク

BEC5期 吉田 久美さんよりピンクリボン湘南ウォークの活動報告が届きました。

11月18日(土)ピンクリボン湘南ウオーク、あいにくの雨模様でしたが、無事に開催できましたことをご報告させていただきます。

週間天気予報で雨予報のまま開催日前日になり、急遽実行委員会を開き、開催内容や開催の有無を検討した結果、ウオーキング参加者が江の島の橋を渡り、サムエル・コッキング苑へ登るのは危険と判断し、やむなくルートの変更とステ ージ内容の変更をしたりと、ぎりぎりまで作業に追われましたが、その甲斐もありけが人が出ることもなく無事に開催することができました。エントリー339名、ボランティア約50名

湘南記念病院 乳腺センター長 土井卓子医師と平塚共済病院 外科統括部長 谷 和行医師のトークショーでは元プリンセス・プリンセス 富田京子さんを交え、麻倉未稀さんも飛び入り参加してくださり、活気ある時間になりました。

イベント終了後、「あの先生のトークショーを聴いたら乳がんなんて怖くない!って思えました」 「先生たちが日々どんな風に患者に向き合ってくれているかを知ることができて感動しました」 「検診に 行きます!」等々、嬉しい感想をいただくことができました。

本当はもっとBECの仲間を取り込み、PRや啓発活動の場となったらいいなと調整をしていましたがなかなか思うようにはいかず、今回は限られた方にご協力をいただきました。

啓発ブースを始め、ステージやボランティアでご協力いただいた方、どうもありがとうございました。初めての事務局で右も左もわからない状況の中でサポートしていただき心強かったです。

とてもいい経験をさせていただけました。この経験を次の活動に活かしていきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。