NPO法人キャンサーネットジャパン > イベント情報 > 【看護師向け】もっと知ってほしい、骨転移のこと〜知って変えよう!患者さんのQOLを高める骨転移のマネジメント〜

【看護師向け】もっと知ってほしい、骨転移のこと〜知って変えよう!患者さんのQOLを高める骨転移のマネジメント〜

☆「ナース専科」タイアップセミナーに寄せるCNJの3つの想い☆
① 自分らしく、がんと向き合える社会へ
CNJは、「がん患者さんが正しい情報を得たうえで、自分らしくがんと向き合える社会」の実現を目指しています。

② 一番身近にいる存在だからこそ、伝えたい
ナースは、患者さんを「人」としてトータルに看ることができる職種です。患者さんに一番近い立場で、患者さんのためになる情報を提供できる存在として、ナースの皆さんに知っておいてほしい情報があります。

③ スキルアップだけでなく、“心に響く”セミナーを
日々、がん患者さんと向き合い、「ナースとして何ができるのか」と自問自答されている皆さんに、解決のきっかけを提供します。スキルアップだけでなく、サバイバーの方の思いに触れることで、“心に響く”セミナーになることを約束します。

========================================
 患者さんのQOLを保つために骨転移のマネジメントとともに早期発見も重要です。がんの骨転移が腰痛や疲労等と混同され、発見が遅れることに対し、患者の一番近くにいる看護師ができることは何でしょうか。
 また、治療やケアの際には病的骨折を予防するため「安静第一」と考えられがちですが、「どこまで動かして良いか」「安全に動かすためにどんな工夫ができるか」という整形外科的視点でアプローチすることで、患者さんのQOLをより高めることに貢献できます。
 このセミナーでは、骨転移の早期発見やマネジメントについて看護師ができることについて学びます。

【開会挨拶】13:00~13:05(5分)企画の背景と目的 キャンサーネットジャパン 川上 
  
【講義1 医師による講義】13:05~13:55(50分)
テーマ:患者のQOLを高める骨転移のマネジメント
 講師:篠田 裕介(東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部 講師)
 内容:がんの骨転移への治療
    がんリハビリ
    骨転移のマネジメントにおいて看護師に期待すること

【講義2 医師による講義】13:55~14:45(50分)
テーマ:骨転移の早期発見の重要性と治療
 講師:吉村 真奈(東京医科大学放射線医学分野 教授)
 内容:骨転移の診断方法と早期発見・介入の重要性
    骨転移に対する放射線治療
    看護師に期待すること

【講義3 看護師による講義】14:45~15:15(30 分)
テーマ:骨転移の早期発見とマネジメントに看護師ができること
 講師:牧 克仁 (昭和大学病院 緩和ケア認定看護師 緩和ケア師長)
  内容:骨転移の早期発見につながるアセスメントと声かけ
     看護師は骨転移マネジメントのコーディネーター

【講義4 サバイバーによる講義】15:15~15:35(20分)
テーマ:がんの骨転移と向き合うがん患者が期待すること
 講師:川﨑 陽二(前立腺がん体験者)
  内容:がんと向き合って
     骨転移とともに生きるということ
     看護師に期待すること

【トークセッション】15:50 ~16:25 (35分)
テーマ:骨転移を早期発見し、マネジメントするために
  司会:川上 祥子(NPO法人キャンサーネットジャパン理事・事務局長)
  講師:講義1~4講演者  会場から集めた質問紙をもとにQ&Aディスカッション

【閉会挨拶】 16:25~16:30(5分) ラップアップ キャンサーネットジャパン 川上

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

上記フォーム以外でのお申込み

ナース専科セミナーサイトから