NPO法人キャンサーネットジャパン > イベント情報 > ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと2016 in沖縄~

ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと2016 in沖縄~

大腸がん疾患啓発活動「ブルーリボンキャンペーン」では、大腸がんの科学的根拠に基づいた治療方法について広く一般の皆様に知って頂くことを目的としています。この度、沖縄県の浦添市で開催いたします!

会場は、浦添市てだこホール 市民交流室です。

また、当日来場の方には「もっと知ってほしい大腸がんこと冊子」をプレゼント!!さらに、ブルーを身につけてご来場の方には特製クリアファイルをプレゼントいたします!!

【プログラム】(敬称略)

総合司会 辻脇 稲子(有限会社ライブアップ)
13:00-13:10 [開会挨拶]
佐村 博範(琉球大学医学部附属病院 第一外科 助教)
(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)
13:10-13:55 [沖縄の大腸がんの現状および診断と治療]
佐村 博範(琉球大学医学部附属病院 第一外科 助教)
(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)
14:00-14:45 [大腸がんと治療薬について]
照屋 剛(社会医療法人友愛会 豊見城中央病院 外科腫瘍科部長)
14:55-15:15 [がん保険の上手な利用方法]
慶田城 裕(有限会社ライブアップ 代表取締役)
15:20-16:00 [質疑応答]
会場からの質問に答えます
16:00-16:10 [閉会挨拶]
佐村 博範(琉球大学医学部附属病院 第一外科 助教)
(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)

ブルーリボンキャンペーンアンバサダーとは・・・
ブルーリボンキャンペーン特設サイトでは、大腸がん患者が、居住地区に関わらず、科学的根拠に基づく治療法を知り、自らの意思で治療方法を選択し、患者が自身の責任において納得の上、その治療を受けられるような医療環境の実現を目的としています。その実現のためには、私たちのような”がん”情報の発信団体だけでなく、全国各地で大腸がん診療に関わる医療者の協力が不可欠であり、ブルーリボンキャンペーンの趣旨に賛同するアンバサダー(大使)と共に、大腸がんの疾患啓発、科学的根拠に基づく医療の重要性の啓発に取り組みます。