【医療従事者向け】頭頸部がんのサバイバーシップを支えるために~患者の声から頭頸部がんの治療とサポートについて考える~

開催日 2015年6月5日(金)
時間

18:00 -19:30

場所

神戸国際会議場301:国際会議室(学会第2会場)

参加費

なし

申込み方法

事前お申し込みは不要です

その他の追記・注意事項

医療従事者向けのセミナーとなり、一般の方はご参加いただけません

共催

第39回日本頭頸部癌学会・第4回アジア頭頸部癌学会
メルクセローノ株式会社
NPO法人キャンサーネットジャパン

後援

MBS 毎日放送

案内チラシ >> 案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)

※このセミナーは第39回日本頭頸部癌学会・第4回アジア頭頸部癌学会のイブニングセミナーとして開催されるもので、医療者従事者向けです

【総合司会:岩江 信法(兵庫県立がんセンター 頭頸部外科部長)・関岡 香(MBS アナウンサー)】

18:00-18:15 基調講演①「頭頸部がんの現状とこれから」
  岩江 信法(兵庫県立がんセンター 頭頸部外科部長)

18:15-18:25 基調講演②「働き盛りの40代、口腔がんに」
  清水 敏明(大手ハウジングメーカー勤務) 

18:25-19:30  トークセッション「頭頸部がんの治療とサバイバーシップを支えるために」
  司会:岩江 信法(兵庫県立がんセンター 頭頸部外科部長)
     関岡 香(MBS アナウンサー)
  回答者:耳鼻科医の立場から 花澤 豊行(千葉大学大学院医学研究院 耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学 准教授)
      腫瘍内科医の立場から 横田 知哉(静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 医長)
      放射線科医の立場から 太田 陽介(兵庫県立がんセンター 放射線治療科 医長)
      看護師の立場から  石井 しのぶ(国立がん研究センター東病院 看護部)
      患者の立場から  清水 敏明(大手ハウジングメーカー勤務)
      患者の立場から  和田 修(神鈴会 会長)

 

最終更新日:2015年5月26日