非公開: 日本がん看護学会学術集会

karteadmin karteadmin
投稿日:2015年3月2日

皆さん、こんばんは東京のRieです。
昨日、一昨日とパシフィコ横浜で開催された第29回日本がん看護学会学術集会に行って参りました。

今年のテーマは「先人に学び がん看護の先を読む
・日本人が日常生活の中で培ってきた健康、病気、老いや死の文化やコミュニティのあり方
・蓄積された統計的知見や研究のエビデンス
・がんと共に生活を営んできたがん体験者の知恵
から、将来のがん看護のあり方の手がかりを探る…という深~いテーマのもと、
手技はもちろん、心理面への援助やスピリチュアルケア、家族への関わり、
就労を含む生活相談、ピアサポート等々・・・
さまざまな“がん看護”について学びを深め、議論される場でした。

個人的には上記の「日本人が」という点を改めて意識させられた機会になりました。
今後医療職としてがん患者さんやご家族に関わる際にはこの意識を大切にしたいなぁと感じています。

皆さんもご存知の通り、がんの治療は急速に進歩しています。
それに合せて看護師も日々学び、専門性を高める努力をしています。
昔からずっと変わらない看護の本質を心に秘めながら…

お困りごとや不安がある際は、治療の場で出会う看護師に是非お話してみてください。