非公開: 大切な人ががんになったとき

皆さんこんにちは。大阪のHIROMIです。

最近、朝夕は冷えてきましたが、日中はまだまだ暑い日もあり服装に悩みますよね・・・

暑かったり寒かったりで、体調管理も難しい皆さんお身体ご自愛下さいね

さて、今日は気になるドラマ情報を・・・

11/20(木)スタートの「ママとパパが生きる理由。」

幼い子供二人を持ちながら、夫婦ともにがんになってしまう。。。余命宣告された後も、なおも夢を持ち続け、生きることを決してあきらめない・・・

という「命と家族」を考える実話をベースにしたドラマのようです。

ハッとさせられました。

夫婦でがんになることも当然あるんですよね・・・片方だけとは限らない・・・

私の場合ですが、乳がんになった当初は治療を含め、自分を支えることに精一杯で、5歳になる息子のケアは、主に主人がしてくれていました。その主人もがんになったら・・・

ドラマが気になります。。。

支えてくれる人は、もちろん配偶者だけではありません。祖父母・兄弟などの家族、友人、主治医、医療スタッフ(がん相談支援室など)など沢山おられます。

特にご家族にとって、がんの闘病中は患者さん同様かそれ以上に大変なプレッシャーです。

大切な人ががんになったとき、大切な人を支えられるように少し勉強してみませんか。

 

● MBS×CNJ  もっと知ってほしいがんのこと 「がん治療と家族のサポート」

セミナビデオ → http://www.cancernet.jp/mbscnj/

● もっと知ってほしい「大切な人ががんになったとき すべてのがん」

冊子 → http://www.cancernet.jp/caregiver_allcancer

 

公開日:2014年11月7日 最終更新日:2016年1月22日