看護師向けセミナー 「もっと知ってほしい、がんと漢方薬のこと」

開催日 2015年1月25日(日)
時間

13:00-16:30

場所

株式会社エス・エム・エス本社 18階 セミナールーム

東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー

参加費

5,000円(税込)

申込み方法

ナース専科セミナーサイトから

その他の追記・注意事項

本セミナーは、看護師向けプログラムです。

ナース専科該当サイトをご確認ください。

お申し込みは、「ナース専科」サイトからとなります。上記から外部リンクが開きます。

主催 NPO法人キャンサーネットジャパン☓ナース専科

☆「ナース専科」タイアップセミナーに寄せるCNJの3つの想い☆
① 自分らしく、がんと向き合える社会へ
CNJは、「がん患者さんが正しい情報を得たうえで、自分らしくがんと向き合える社会」の実現を目指しています。

② 一番身近にいる存在だからこそ、伝えたい
ナースは、患者さんを「人」としてトータルに看ることができる職種です。患者さんに一番近い立場で、患者さんのためになる情報を提供できる存在として、ナースの皆さんに知っておいてほしい情報があります。

③ スキルアップだけでなく、“心に響く”セミナーを
日々、がん患者さんと向き合い、「ナースとして何ができるのか」と自問自答されている皆さんに、解決のきっかけを提供します。スキルアップだけでなく、サバイバーの方の思いに触れることで、“心に響く”セミナーになることを約束します。

========================================

近年、医療用漢方薬が、抗がん剤による副作用の改善や、がん患者のQOLの維持向上に有効であるとの知見が得られ始め、がん臨床での関心が高まりつつあります。いっぽうで、漢方薬とは?がん臨床において、漢方薬がどういうときに有効で、なぜ効くのか?について、改めて知る機会はなかなかありません。本企画では、漢方薬についての基礎的な知識とともに、漢方薬の使用の実態や臨床試験によりわかってきたこと、期待できることをお伝えするとともに、看護師として心がけるべきことなどについて、皆さんと一緒に考えます。

========================================

■13:00-13:05 <開会挨拶・開催の主旨>

川上祥子(NPO法人キャンサーネットジャパン)

■13:05~14:05 <漢方薬ってなあに?>

今津 嘉宏(芝大門いまづクリニック院長)

・漢方の考えかた

・がん臨床に役立つ漢方薬

・看護師にできること

■14:15~14:55<がん臨床での漢方薬使用の実例と、看護師に期待すること>

西村 元一(金沢赤十字病院副院長)

・がんと、治療に伴う不快な症状
・漢方薬活用の実例
・がん治療の副作用対策で看護師に期待すること

■15:05~15:25<漢方薬にがん患者が期待すること>

溝口 綾子(乳がん体験者 KSHS:キレイに再建、ホンネで再建 主宰)

・乳がん治療を経験して

・ホルモン療法の副作用
・漢方薬を活用して

■15:35~16:25<がん臨床での漢方薬活用のために看護師ができること>

司会:梅田 恵(がん看護専門看護師:株式会社緩和ケアパートナーズ代表)

回答者:今津先生、西村先生、溝口さん

■16:25~16:30<閉会挨拶>

川上祥子(NPO法人キャンサーネットジャパン )

 

最終更新日:2014年10月30日