もっと知ってほしい小児がん・AYA世代のがんのことin大阪~What We Can Do Now~

開催日 2014年9月28日(日)
時間

13:00-16:00(開場12:30)

場所

ブリーゼプラザ 小ホール

参加費

無料

申込み方法

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください
下記のいずれかでお申し込みの際は、お名前・ふりがな・連絡先電話番号をご記載ください。複数名でご参加の場合は、参加される方全員のお名前も記載ください。
◆メールでお申し込みの方
0928os@cancernet.jp
◆FAXでお申し込みの方
06-6886-3387  9/28小児・AYA世代のがんセミナー申込係宛
◆往復はがきでお申し込みの方
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-7-14大京ビル206 キャンサーネットジャパン 9/28小児・AYA世代のがんセミナー係

主催 NPO法人キャンサーネットジャパン
後援

特別後援:MBS(毎日放送)

後援:NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス、公益財団法人がんの子どもを守る会、NPO法人こどものちから、精巣腫瘍患者友の会J-TAG、若年性がん患者団体 STAND UP!!

案内チラシ >> 案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)
アンケート結果 セミナー中に頂いたアンケート結果やご意見を公開しています
以下からダウンロードできますので是非ご覧ください。
>> アンケート結果のダウンロードはこちら(PDF)

【もっと知ってほしい「小児がん・AYA世代のがん」のこと 2014 in 大阪~What We Can Do Now:わたしたちにできること~】

小児やAYA(Adolescent and young Adult:思春期と若年成人)世代と言われる15歳~29歳で、がんという病気と闘う子供や若者たちがいることを知っていますか?この世代のがん患者には、いわゆる大人のがんと違った様々な問題があります。彼らの声を聞き、知る事で、わたしたちに何ができるかを一緒に考えてみませんか?

小児がんセミナーは、2012年、2013年と、福岡で開催して参りました。3年目となる今年は、大阪にて開催いたします。
また、同世代の若者に、小児がん・AYA世代のがんについて知ってもらう機会として、近畿大学附属高校吹奏楽部に登壇頂き、それぞれの立場でできることについて考えます。イベントの後半では、近畿大学附属高校吹奏楽部の皆様から素敵な演奏をしていただきます。

【プログラム】
総合司会:西村 麻子 (MBS毎日放送アナウンサー)
13:00 【開 会 挨 拶】NPO法人キャンサーネットジャパン
13:05 【講     演】「がんになっても笑顔で育つ」
楠木 重範(チャイルド・ケモ・クリニック)
13:25 【講     演】「若い人に多い精巣腫瘍」
三木 恒治(京都府立医科大学大学院 泌尿器科)
13:45 【体 験 談 1】小児・若年性がん体験者による体験談
ウィリアム エダ メネゼス(急性リンパ性白血病経験者)
14:00 【体 験 談 2】小児・若年性がん体験者による体験談
内賀嶋 仁美(原始神経外胚葉性腫瘍(PNET))
14:15 【トークショー】
司会:西村 麻子(MBS毎日放送アナウンサー)
三木 恒治(京都府立医科大学大学院 泌尿器科)
楠木 重範(チャイルド・ケモ・クリニック)
ウィリアム エダ メネゼス(急性リンパ性白血病経験者)
内賀嶋 仁美(原始神経外胚葉性腫瘍(PNET))
近畿大学附属高校吹奏楽部2名
15:00 【休     憩】(20分)
15:20 【ミニコンサート】近畿大学附属高校吹奏楽部によるスペシャルライブ
15:50 【閉 会 挨 拶】NPO法人キャンサーネットジャパン

*近畿大学附属高校吹奏楽部*

 

 

 

 

 

 

 

近年、コンクール等で多くの実績をおさめるなど活発な活動をしているバンドです。大阪交響楽団首席ティンパニ奏者の小谷康夫氏の指導の下、二年連続で全日本吹奏楽コンクール出場を果たし、3月には初の海外遠征(オーストリア、ウィーン楽友協会大ホールでの国際親善コンサート)も大盛況でした。シンフォニックからジャズ・ポップスまで、多彩なレパートリーを楽しみながら演奏できるバンドです。平成27年3月23日(月)には第42回定期演奏会を、ザ・シンフォニーホールにて開催する予定です。皆様のご来場を楽しみにお待ちしております。

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

お申込はこちらからどうぞ
最終更新日:2014年10月9日