看護師向けセミナー 「もっと知ってほしい 緩和ケアのこと」

開催日 2014年11月8日(土)
時間

13:00-16:30

場所

株式会社エス・エム・エス本社 18階 セミナールーム

東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー

参加費

5,000円(税込)

申込み方法

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

その他の追記・注意事項

本セミナーは、看護師向けプログラムです。

ナース専科該当サイトをご確認ください。

お申し込みは、「ナース専科」サイトからとなります。上記から外部リンクが開きます。

主催 NPO法人キャンサーネットジャパン☓ナース専科

☆「ナース専科」タイアップセミナーに寄せるCNJの3つの想い☆
① 自分らしく、がんと向き合える社会へ
CNJは、「がん患者さんが正しい情報を得たうえで、自分らしくがんと向き合える社会」の実現を目指しています。

② 一番身近にいる存在だからこそ、伝えたい
ナースは、患者さんを「人」としてトータルに看ることができる職種です。患者さんに一番近い立場で、患者さんのためになる情報を提供できる存在として、ナースの皆さんに知っておいてほしい情報があります。

③ スキルアップだけでなく、“心に響く”セミナーを
日々、がん患者さんと向き合い、「ナースとして何ができるのか」と自問自答されている皆さんに、解決のきっかけを提供します。スキルアップだけでなく、サバイバーの方の思いに触れることで、“心に響く”セミナーになることを約束します。

========================================

痛みを伴うがん患者さんのケアに戸惑ったことはありませんか?

苦痛に直面する患者さんに向き合うことは、看護師にとってもつらいことです。
一方で、患者さんにいちばん近く、状況を観察できるのは看護師です。
看護師は、目の前で痛みに苦しむ患者さんの状況を改善するうえで重要な役割を担っています。

がんに伴う様々な痛みについて、看護師が的確にアセスメントし、その情報を医療スタッフで共有することは、適切な処方やケアにつながり、患者さんのQOL改善に大きく貢献します。

本セミナーでは、がんに伴う痛みの原因や、患者さんからの訴えを効果的に引き出し、適切な処方とケアにつなげる痛みのマネジメントについて学ぶことで、看護師の皆さんの日々の疑問とストレスを解決します。

========================================

■13:00-13:05 <開会挨拶・開催の主旨>

川上 祥子(NPO法人キャンサーネットジャパン )

■13:05-14:05痛みの原因と、適切なアセスメントについて学ぼう ~看護師に期待すること~>

樋口 比登実先生(昭和大学病院 緩和ケアセンター)

・がんに伴う痛みのメカニズムとその原因

・痛みへの医学的アプローチ WHO3段階ラダーとレスキュー

・痛みのアセスメント

■14:15-14:55<痛みケアの最前線にいる看護師にできること>

梅田 恵 先生(株式会社緩和ケアパートナーズ代表、がん看護専門看護

・痛みのアセスメントの方法

・看護師としての患者と医師をつなぐ役割

・患者さん・家族にできるケアと情報提供

15:05-15:25<がんの痛みと向き合って ~看護師に期待すること~>

阿南 里恵 さん(子宮頸がん体験者) ※当初の予定より登壇者変更となりました。

・がんの痛みの実際

・看護師とのコミュニケーションで苦労したこと・助かったこと

■15:35-16:20<Q&Aセッション がんの痛みの改善のために看護師ができること~皆さんのギモンにお答えします~>

講師:樋口 比登実先生/梅田 恵先生/阿南 里恵さん

司会:川上 祥子(NPO法人キャンサーネットジャパン)

 

 

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

お申込はこちらからどうぞ
最終更新日:2014年11月28日