非公開: 大腸がん検診 PART2

MAYUMI MAYUMI
投稿日:2014年5月30日

急に真夏ような暑さとなりましたが、未だ5月ですよ・・・

寒くなったり暑くなったりと忙しい5月でした。

今日はお題の通り大腸がん検診の続きを・・・。

先回のブログから早や2週間が経ち、その間に検査結果が出ました。

今回はセーフでした!!

で、今日は何をお話しするかと言いますと、結果を聞きに行った時に先生から言われた言葉が引っ掛かりまして・・・。

Dr.「あ、結果は2日間ともマイナスで出てますので、大丈夫ですよ。じゃあ、これからも時々・・・。あ、いや出来れば毎年受けて戴いた方が・・・。確かおばあ様が大腸がんでしたよね。」

え~っ、便潜血検査って時々でいいの~?出来れば毎年だなんて

先生、違うでしょ!!ここは遠慮せずにきちんと言って下さいよ

「毎年、きちんと続けて受けて下さい!!」と。頼みますよ先生~!

この言葉で中には時々しか受けない人が出てくるかも知れない・・・。とても心配になってきました。

話は変わりますが、検査を受けるに当たってこうだったら良いのにと思った事を幾つか。

大腸がん検診は大抵の市町村で何らかの補助があります。大抵はかかりつけの病院へ行く方も多いのでは。(会社等で検診を受ける方は別として)

でも私の様に、必ず居住する市町村にかかりつけ医を持たない場合もあります。又は時間に余裕がなく、会社の近くなら受診しやすいのに・・・。など、これは受診しない人の言い訳の一つかも知れませんが・・・。

もし、どこの市町村で受けても助成の対象となるなら、とても受診しやすくなります。

しかし、これは市町村単位で助成額に差があるなど各、市町村の台所事情もあると思いますので難しいかも知れませんが。

あと、この検査を受けるのに最低3回、病院に行く必要があります。

何が嫌かと言えば、風邪でも何でもない時に病院の待合室でじっと居なければいけない事が苦痛なのです。つまりは風邪をうつされるなど・・

提出する時だけはさっと帰れますが。

初めの問診とキットを受け取る時だけで、提出と結果は郵送などで出来ないものかと。

これって余りにも好き勝手言い過ぎでしょうか。あくまで自分の為に受ける検査なので・・・。

でも受診率を上げるのに市町村からアンケートが送られてきたり、その他諸々、書面で来るのですが、そこまでするなら受診しやすい様にもう少し策を練って戴ければと・・・。

やっぱり我儘でしょうか