「Rock Beats Cancer FES Vol. 4 ~Girls Session~」 チューリッヒ生命・Lilly Oncology 企画!女性25組50名様ご招待

開催日 2014年5月2日(金)
時間

開演19:00(開場18:00)

場所

LIQUIDROOM

参加費

無料招待

申込み方法

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

チューリッヒ生命とLilly Oncology(運営:日本イーライリリー株式会社)は、2社がサポートする2014年6月6日(金)に恵比寿LIQUIDROOMで開催する、小児・AYA世代(15~29歳)の女性のがんをテーマにしたチャリティライブイベント「Rock Beats Cancer FES Vol.4」に、抽選で18歳~29歳の女性ペア25組50名様をご招待いたします。

■メッセージ
Rock Beats Cancer FES(ロック・ビーツ・キャンサー・フェス)は、小児がんと若年層(15~29歳)のがんの疾患啓発や患者支援、研究推進の支援を目的としたチャリティー・ライブです。4回目となる今回のイベントでは、「Girls Session(ガールズ・セッション)」と題して、小児・若年層のがんの中でも女性ならではの後遺症や悩みのある「女性のがん」にフォーカス。出演者は女性のみとなっており、司会の町亞聖さんをはじめ、昨年、卵巣境界悪性腫瘍の治療を乗り越えた麻美ゆまさんや小児がん体験から音楽を通じてがん啓発活動を続けるより子さん、小児がんの疾患啓発や募金活動を行うアイドルグループLinQ(リンク)等が、がんについて正しく知ることの大切さについてお伝えしてまいります。なお、今回のイベントで集められた寄付金は樋口宗孝がん研究基金(MHF:Higuchi Munetaka Foundation For Cancer Awareness and Research)を通じて、小児・若年層のがんの患者支援、疾患啓発および研究推進のために活用されます。

日本で初めてとなるがんに対するRock Charity FESは、Rock Beats Cancer !! 実行委員会である(樋口宗孝がん研究基金・NPO法人キャンサーネットジャパン・MUROCK)で企画・制作・運営されます。Rock Beats Cancer !! 実行委員会の発案により、がんという病気をなくす事はもとより、よりがんについて理解を深め、かつ正しい啓発を行うことを目的として、AYA(Adolescent and Young Adult:思春期と若年成人)と言われる世代に向けて、また今回は初の~Girls Session~というわけで、女性の病気やがんに焦点を当てる意味を込めて、その年代に当たる女性の方を無料でご招待する事にいたしました。AYA世代のがん体験者・患者さんには、若い世代特有の悩みや問題があります。そんな若いがん体験者・患者さんの思いを理解してほしい、力づけたいという想いから、同世代の女性を抽選で25組50名様招待致します。

尚、ご応募条件は、女性で現在の年齢が18~29歳の方(開催時間の関係で18才以上とさせていただきます)です。男性および対象年齢外の女性は応募できません。同伴者も18歳~29歳の女性のみとさせていただきます。抽選で25組50名の方を無料ご招待致します。申込締切は、2014年5月23日(金)17時までです。厳正な抽選後、当選者の発表は、5月下旬に招待状の発送をもってかえさせていただきます。

■スケジュール
開催日:2014年6月6日(金)
時間:開場18:00 開演19:00
場所:恵比寿LIQUIDROOM 〒150-0011 東京都渋谷区東3-16-6
参加費:無料招待(ドリンク代のみ別途必要)
お申込み方法:インターネットでのお申し込みはこちら

出演アーティスト
麻美ゆま
LinQ
より子
涙-NAMIDA

■開催形態
【主催】Rock Beats Cancer!!実行委員会
【企画】樋口宗孝がん研究基金
【制作】NPO法人キャンサーネットジャパン
【特別協賛】チューリッヒ生命・日本イーライリリー株式会社
【運営】有限会社ソルブレッド・樋口宗孝がん研究基金(NPO法人キャンサーネットジャパン)
(チケット収入・協賛金から必要経費を引いた収益の全額をMHF:樋口宗孝基金に寄付し、寄付金は小児がん患者・AYA世代のがん体験者及びがん患者への支援、疾患啓発、研究支援のために利用されます。)

■申込み方法
上記、URLからお申し込下さい。申込期限は、2014年5月23日(金)17時です。当選者の発表は、招待状の発表をもってかえさせていただきます。(5月下旬頃発送予定)なお、申込み時に頂きました個人情報は、このプログラム以外で使用されることはありません。

■Rock Beats Cancerとは?
「Rock Beats Cancer FES in Osaka !!」は、LOUDNESSのドラマー樋口宗孝が2008年11月、肝細胞がんで逝去、その悔しさを胸に、少しでもがん啓発のため、がん撲滅のため、力になれることがないだろうかと、LOUDNESS、影山ヒロノブさん、井上俊次さんなどの支援を得て、がん患者支援を行うNPO法人キャンサーネットジャパンと協働し設立された「樋口宗孝がん研究基金」より生まれました。音楽を通して、多くの皆様にメッセージを伝える事が出来ればと思っております。まだまだ日本ではなじみがないですが、この趣旨に賛同し、真のボランティア精神のもとにこの活動に参加し、多くのアーティストのみなさまとともに、音楽を通じて「自分たちに出来る」アクションを起こすことを決意いたしました。

■Rock Beats Cancerが目指すこと
日本においては、現在も増え続けるがん。近年の治療の進歩はあるものの、未だに深刻な病気の一つです。このような問題に直面する若い世代の人々は、この日本という国の「大切な財産」であり、「宝物」であるはずです。その宝物のために、我々ミュージシャン、エンタテインメント業界は何ができるのか?音楽を通して彼らにメッセージを送ることはできるのか?直接的には出来ないかもしれませんが、何か方法はあるだろう。我々にしかできない音楽を表現することにより「大切な財産」であり、「宝物」であるものを大事にしていきたい。そのためのより良い環境を作らなければならない。そんな事がこのコンサートを通じて世間に伝わればと思います。2014年6月6日。この日、私たちは音楽で行動します。私たちは、もっと知ってもらうことで、がんを防ぎます。私たちは、もっと知ることで、がんと戦います。私たちは、もっと知り合うことで、がんとつきあいます。

■Rock Beats Cancer !!実行委員会からの挨拶
2014年6月6日。これまで頑張って来られた海外の諸先輩方と気持ちを同じにして、次の世代を生きる若者達に、絶対にがんに負けて欲しくない。がんに関する正しい知識を学び、防ぎ、そしていつか、この地球上からがんを根絶できる日まで戦って行くことの意味を伝えて行きたいと思います。アーティストのみなさん、そして音楽界を支えるファンのみなさん。ぜひ一緒に戦いの狼煙をあげましょう。この世界と、この星に暮らすすべての人達の未来のために !!

■樋口宗孝がん研究基金について
樋口宗孝がん研究基金(MHF:Munetaka Higuchi Foundation for Cancer Awareness and Research) は、2008年11月30日、肝細胞がんで逝去した日本のハードロック界を代表するLOUDNESS(ラウドネス)のドラマーであった樋口宗孝氏の偉業を後世に伝えると共に、晩年樋口さんが力を注いだ後身(若者)の指導・教育から、将来ある子供たち、若者たち、そしてそれらの年代でがんを体験した若者たちを、音楽(ロック)で勇気づけるため、また日本におけるがん疾患啓発・がん研究を推進するために設立されました。
http://www.cancernet.jp/mhf4car/

※お申し込みの前に、イベントポリシーを必ずお読みください

お申込はこちらからどうぞ
最終更新日:2014年5月2日