非公開: タバコに含まれる有害物質の数、ご存知ですか?

久々に雨が降った大阪ですお天気が良いのは嬉しいけど乾燥が・・・。

加齢と共に減少していくお肌の水分量悲しいかな

それはさておき、今日はタバコについて少しお話させて頂きますね。

皆さん、もうご存知の通りタバコの煙には沢山の有害物質が含まれています。さて、何種類あるかご存知ですか??20種類?それとも100種類?

いやいや、そんなに少なくはありませんよ!

何と約5000種類!もの化学物質が含まれ、うち約70種類は発がん性が指摘されているものだそうです驚きですよね~

例えばヒ素・カドミウム・クロム・ダイオキシン・ホルムアルデヒド 等々・・・。聞いただけで恐ろしい

そして何と体への影響が強いとされるアルファ線を出す放射性物質のポロニウム210も含まれているとか。

これらの物質には発がん性の原因となるものばかりではなく、呼吸器や心血管、発達にも影響があるとされているのです。(物質により異なります。)

喫煙する本人以外にも副流煙から起こる健康被害。今更ながら、ただの嗜好品では済まされないですよね。

私が思うに・・・。日本はタバコに対して寛容すぎる!と思っております。特に飲食店では形ばかりの分煙システム。席は分かれていても店内の空気は煙っている・・・。全く意味がありませんよね

禁煙するには健康保険まで適用される「禁煙外来」も存在します。タバコ大好きな方!自身の為にも是非、禁煙に挑戦してみませんか?いや、頑張って禁煙して下さい!

私の切なる願いです

 

公開日:2014年4月18日 最終更新日:2016年1月22日