もっと知ってほしい「がんと漢方薬」のこと 漢方薬の現状とこれから

開催日 2011年11月26日(土)
時間

14:00 - 17:00(開場13:30)

場所

(独)国立がん研究センター国際研究交流会館国際会議場

参加費

無料

申込み方法

① ファックス(ファックス受信が可能な方のみ)→フライヤーFAX返信用紙使用可
  Fax:03-3542-1886
② メールでの申し込み:0624 @cancernet.jp 
③ 往復はがきでの申し込み(パソコンをお持ちでない方)
〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1
独立行政法人 国立がん研究センター研究所
 治療開発グループ がん患者病態生理研究分野 
 市民公開セミナー係
「6月24 日セミナー申し込み」と明記の上、下記必要事項を記入してお申込み下さい。
1. 氏名(フリガナ)2. 立場(患者・家族・行政関係・医療者・製薬/医療機器関係・メディアなど)3. 連絡先(電話等 )

共催

厚生労働科学研究費補助金 第3次対がん総合戦略研究事業「がん治療の副作用軽減ならびにがん患者のQOL向上のための漢方薬の臨床応用とその作用機構の解明」研究班(研究代表者:上園保仁)・NPO法人キャンサーネットジャパン

案内チラシ >> 案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)

【プログラム】
14:00-14:05 <開会挨拶>
NPO法人キャンサーネットジャパン 川上 祥子

14:05-14:25 <基調講演 1>
「漢方薬ってなぁに?」 
子宮頸がん体験者 阿南 里恵

14:25-14:45 <基調講演 2>
「母を支えた漢方薬 ―私が選んだこの処方―」
横浜朱雀漢方医学センター長 熊谷 由紀絵

14:45-15:10 <基調講演 3>
「化学療法の副作用対策としての漢方薬」
旭川医科大学外科学講座消化器病態外科学分野准教授 河野 透

15:10-15:20 <休憩>

15:20-15:45 <基調講演 4>
「進む漢方薬の臨床研究―計画から実施まで」
北海道大学大学院医学系研究科 内科学講座消化器内科学分野助教
大西 俊介

15:20-15:45 <基調講演 5>
「いま解明される六君子湯の食欲促進効果」
鹿児島大学大学院私学総合研究科社会・行動医学講座心身内科学分野
教授 乾 明夫

16:10-16:35 <基調講演 6>
「がん患者の生活の質を向上させる漢方薬研究・・・はただ今進行中です!」
国立がん研究センター研究所がん患者病態生理研究分野長 上園 保仁

16:35-16:45 <休憩>

16:45-17:25 <Q&A・トークセッション>
もっと知ってほしい「漢方薬」のこと
司会:NPO法人キャンサーネットジャパン 川上 祥子
パネリスト:
子宮頸がん体験者 阿南 里恵
横浜朱雀漢方医学センター 熊谷 由紀絵
旭川医科大学 河野 透
北海道大学大学院医学系研究科 大西 俊介
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 乾 明夫
国立がん研究センター研究所 上園 保仁
緩和ケアパートナーズ/がん看護専門看護師 梅田 恵

17:25-17:30 <閉会挨拶>
国立がん研究センター研究所がん患者病態生理研究分野 上園 保仁

最終更新日:2012年5月23日